京都市三大事業(きょうとさんだいじぎょう)


時期:明治時代末から大正時代初期

3つの事業:
第二琵琶湖疏水開削事業
上水道整備事業
道路拡築ならびに電気鉄道敷設事業

総工費:1740万円

 京都市三大事業(きょうとさんだいじぎょう)は、明治時代に京都百年の計として都市計画により行われた
3つの都市基盤整備事業
 総工費1740万円は、外債を発行して資金調達され、近代京都の基盤を形成した

 第二代京都市長 西郷菊次郎西郷隆盛の息子)によって推進される

【京都市三大事業の歴史・経緯】


【京都市三大事業の背景】

 産業構造が近代化し、人口が急増し、街路や公園の整備、市場などの施設整備、都市の近代化が必要とされる

 1895年(皇紀2555)明治28年
 京都電気鉄道会社により、日本最初の営業用路面電車が開通していた

 市街路を拡幅し、そこに大量輸送機関の市電を敷設、その収益を市の事業費に当てようとされた

 丸太町通、四条通烏丸通今出川通、東大路通、七条通、千本通大宮通が拡幅された
 鴨川にかかる、丸太町通、四条通、七条通の各大橋も、欧風の軌道併用橋に架け替えられた

 第1琵琶湖疏水でまかないきれない水道水、電力需要に対応するため第二琵琶湖疏水が開削される

 上水道整備事業により、蹴上浄水場が設置された


【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第6回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク