仏教(ぶっきょう) , 佛教(ぶっきょう)(Buddhism)

仏教(ぶっきょう)は、紀元前5世紀頃にゴータマ・シッダールタ(釈迦)が、現在のインド北部ガンジス川中流域で提唱した宗教

キリスト教・イスラム教と並んで世界三大宗教の一つ

【仏教の教え】

 「仏教」とは、3つの教えがこめられている
 ・仏(仏陀)の教え
 ・釈迦のように自らが悟りを開いて苦悩の世界から解脱し、自ら仏に成るための教え
 ・悟りの世界は全ての生命に平等に与えられており、多くの人々と共に悟りの世界へ進むための教え

 「仏」とは、「真理に目覚めた人」の意味であり、「神」でも「預言者」でもない

 釈迦は、菩提樹の下で悟りを開かれた後、45年にわたる生涯を、教えの一つである
「多くの人々と共に悟りの世界に進むこと」の真理を人々に伝える旅の途中で亡くなられた

 釈尊の教えは、南は東南アジアの国々へ、北はガンダーラからヒマラヤを越えて中央アジアへと広まり、
やがて中国へと伝わる
 多くの弟子の僧により、膨大な量の経典が伝えられ八万四千もの教えがあると言われるが、
それらは別々な悟りを得る教えではなく、全て釈尊と同じ悟りに至る方法の一つである
 それら経典を全て読破し、全ての意味を正確に理解することなどはきわめて困難であり、
さまざまな宗派により「どの経典が一番重要な教えなのか」ということが最大の論点となる

日本における仏教の宗派

 奈良時代平安時代に成立した伝統宗派
 平安時代に成立した密教系
 鎌倉時代に成立した禅宗系、浄土系、法華系などがある

仏像

 すべての仏像は、大日如来の分身とされ、すべて大日如来に帰一し、
 仏教の「教え(輪)」を説明するための手段として、3種類の姿(身)になって我々の前に出現しているといわれる

 仏像は、「如来部像」、「菩薩部像」、「明王」、「天部」の4部と
 日本においては、「垂迹部像」、「羅漢部像」が加わり、6種類に分けられる

【主な人物】

 <一休宗純
 室町時代臨済宗大徳寺派の「破戒僧」といわれる高僧
 酬恩庵大徳寺を復興に尽力する
 大徳寺47世住持

 <栄西禅師
 平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した僧
 日本 臨済宗の開祖、建仁寺の開山
 中国から茶種を伝え、喫茶の効用を説き、喫茶の習慣をもたらした

 <叡尊
 鎌倉時代中期の真言律宗の僧
 戒律を復興し、奈良西大寺を復興する
 殺生を禁止し、慈善救済を行い、宇治橋を修築などを行った

 <慈覚大師 円仁
 平安時代初期の天台宗の高僧
 最後の遣唐僧として唐にわたり、日本の天台宗を大成させた延暦寺の中興の祖とされる

 <義演
 安土桃山時代から江戸時代にかけての真言宗の僧
 豊臣秀吉豊臣秀頼の援助を受けて荒廃していた醍醐寺を復興させ、聖教・記録を整理・保管し、後世に伝えた

 <行円上人
 行願寺(革堂)を創建し、庶民を含めて広く法華経信仰を布教を行う
 日頃、牡鹿の革に千手陀羅尼を書いた衣をまとっていたため、「革聖(かわひじり)」と称された

 <弘法大師 空海
 平安時代初期の僧で、中国から真言密教をもたらした日本の真言宗の開祖
 東寺を賜り、真言道場とし、庶民教育施設の綜芸種智院を設立した

 <勢観房 源智上人
 浄土宗総本山 知恩院の開基
 百萬遍知恩寺第二世

 <空也上人
 平安時代中期の僧侶
 浄土教の布教者で、念仏を唱えて市中や、東北地方の諸国を巡り、
庶民に念仏を広め「阿弥陀聖(あみだひじり)」や「市聖(いちのひじり)」と称された

 <伝教大師 最澄
 空海と同じ遣唐使の船で唐に渡り、天台教学などを学び、日本の天台宗を開く
 延暦寺を創立し、大乗戒壇の設立に尽くした

 <俊寛
 平安時代後期の真言宗の僧
 後白河法皇の側近で法勝寺執行でもあった

 <聖宝
 平安時代前期の真言宗の僧で、空海の法孫
 笠取山(醍醐山)の山頂に庵を創建し、醍醐寺の由来となる

 <浄蔵貴所
 加持祈祷に優れ、平将門の調伏、父親の蘇生、法観寺八坂の塔の傾きを法力でなおしたという故事がある

 <親鸞聖人
 鎌倉時代初期の僧で、浄土真宗の宗祖とされる
 法然上人を師と仰いで、「法然上人によって明らかにされた浄土往生を説く真実の教え」をさらに高め、人々に広めた

 <崇伝
 安土桃山時代から江戸時代初期の臨済宗の僧
 優れた学僧で、徳川家康の信任を得て、外交僧として江戸幕府の政策に関与し「黒衣の宰相」とも称された
 南禅寺の270世住職となり中興の祖とされ、塔頭金地院を再建した

 <「然上人
 中国 宗から釈迦如来立像(国宝)を持ち帰り、清凉寺の建立を願った

 <日圓
 修験道の始祖 役小角(えんのおづぬ)の十世僧
 国家護持のために紀州熊野大神を勧請し、熊野神社が創建される

 <日像上人
 臨終間際の日蓮聖人から帝都弘通(京都の布教)、宗義天奏(天皇への布教)の遺命を受け京都での布教を行った

 <日蓮
 鎌倉時代仏教の僧で、日蓮宗(法華宗)の宗祖

 <法然上人
 浄土宗では、善導を高祖とし、法然上人が開祖とされる
 浄土真宗では、法然上人を七高僧の第七祖とし、元祖とされる
 「南無阿弥陀仏」をただ一心に称える専修念仏を行えば、誰でも救われることを説く

 <鳳林承章
 桃山時代から江戸時代初期にかけての臨済宗の禅僧
 1635年(皇紀2295)寛永12年より34年間にわたる日記「隔冥記(かくめいき)」を記した

 <明恵上人
 鎌倉時代前期の華厳宗の高僧
 後鳥羽上皇から、華厳宗興隆のために栂尾を下賜されて、高山寺を開山する
 栄西禅師から譲り受けた茶の種子を高山寺に播き、日本で最初の茶畑が作られ、栂尾茶が誕生する

 <無関普門
 鎌倉時代中期の臨済宗聖一派(しよういちは)の僧
 東福寺の第三世住持となり、亀山上皇により南禅寺の開山に迎えられる

 <夢窓疎石
 鎌倉時代末期・南北朝時代臨済宗の禅僧
 夢窓国師・正覚国師・心宗国師・普済国師・玄猷国師・仏統国師・大円国師と7度にわたり
国師号を歴代天皇から賜わり、「七朝帝師」とも称される
 天龍寺苔寺(西芳寺)などの作庭も行った

 <文覚上人
 平安時代から鎌倉時代初期にかけての真言宗の僧
 北面武士として、鳥羽天皇の第二皇女 統子内親王(上西門院)に仕えた

 <慈恵大師 良源
 平安時代中期の天台宗の高僧
 第18代 天台座主で、日本天台宗中興の祖とされる
 観音さんの化身とされ、「元三大師(がんざんだいし)」「角大師」「豆大師」「厄除け大師」などとも尊称される

 <聖応大師 良忍上人
 平安時代後期の天台宗の僧侶
 融通念仏宗(ゆうずうねんぶつしゅう)を開宗する
 天台声明の修練道場の来迎院を再興し、各流派の声明を統一して大原魚山流(ぎょざんりゅう)を集大成した

 <蓮如上人
 本願寺中興の祖
 浄土真宗親鸞聖人の教えを、分かりやすく正確に全国に伝えた

【主な経典】

 <絵因果経
 経巻の下段に「過去現在因果経」を書写し、上段に経文の内容を説明した絵画を描いた経典
 釈迦の前世における善行から、現世で悟りを開くまでの伝記を説いている

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク