京都の仏師(ぶっし)

 仏師(ぶっし)とは、仏像などを制作する人

【仏師の歴史・経緯】


【京都ゆかりの主な仏師】

 <仏師の流れ>
 康尚−子 定朝−子 覚助−子 頼助 〜 慶派
            −覚助弟子 院助 〜 院派
       −定朝弟子 長勢 〜 円派

 <康尚
 平安時代中期の仏師職の祖

 <定朝
 平安時代後期に活躍
 寄木造技法、和様彫刻様式の大成者
 最初の仏師 康尚の子
 「仏の本様」と称される、彫りが浅く平行して流れる衣文、瞑想的な表情など平明で優雅な定朝様の作風
 木造阿弥陀如来坐像(国宝)(平等院
 閻魔大王座像(引接寺

 <院覚
 平安時代後期に活躍した院派の代表的仏師
 阿弥陀如来像(重要文化財)(法金剛院
 定朝様式の優美な装飾が加えられた木造漆箔、像高2.2mの像で「定朝の三阿弥陀(平等院法界寺)」

 <長勢
 平安時代末期に活躍
 三条仏所の祖
 木造十二神将立像(国宝)(広隆寺霊宝殿)

 <円勢と長円>
 平安時代末期に活躍
 木造薬師如来坐像(国宝)(仁和寺霊明殿)

 <明円
 平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した円派の一人
 唯一、現存するのが、大覚寺の本尊木造 五大明王像(重要文化財)

 <運慶(うんけい)>
 鎌倉時代に活躍
 奈良 興福寺を拠点に活動していた「慶派」の仏師集団の一人
 奈良仏師 康慶の子
 地蔵菩薩坐像(重要文化財)(六波羅蜜寺
 千手観音像、元佶像(圓光寺

 <快慶
 鎌倉時代に活躍した「慶派」の仏師
 仏師 康慶の弟子
 「安阿弥様(あんなみよう)」と称される、細身の体型で理知的な表情、繊細で絵画的な衣文などを特徴とする作風
 弥勒菩薩坐像(重要文化財)(醍醐寺三宝院
 金剛薩った坐像(重要文化財)(随心院

 <湛慶(たんけい)
 鎌倉時代に七条仏所を統括して活躍した「慶派」の仏師
 運慶の長男
 木造千手観音坐像(国宝)(三十三間堂 82歳の時の作
 阿弥陀如来(化野念仏寺

 <康勝(こうしょう)
 鎌倉時代に活躍
 運慶の四男
 空也上人立像(重要文化財)(六波羅蜜寺

 <行快(ぎょうかい)>
 鎌倉時代に活躍
 快慶の弟子
 釈迦如来坐像大報恩寺千本釈迦堂
 千手観音の一尊(三十三間堂

 <定慶(じょうけい)>
 鎌倉時代に活躍
 運慶の次男 康運ともいわれる
 六観音菩薩(重要文化財)(大報恩寺千本釈迦堂
 木造聖観音立像(重要文化財)(鞍馬寺

 <院吉>
 鎌倉時代後期に活躍した院派の仏師
 十一面観音坐像(重要文化財)(法金剛院

 <康正(こうしょう)>
 桃山時代に活躍した東寺大仏師
 康秀の子
 薬師如来座像、日光菩薩、月光菩薩、十二神将像(すべて重要文化財)(東寺金堂)


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第3回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク