煎茶道(せんちゃどう)(SenchaDou)

急須などを用いて煎茶や玉露などの茶葉に湯を注いで飲む形式

 煎茶道(せんちゃどう)は、抹茶ではなく、急須などを用いて煎茶や玉露などの茶葉に湯を注いで飲む作法

 茶道とは別のものとして捉えられている

【煎茶道の歴史・経緯】


【煎茶道六流派】

 全日本煎茶道連盟には39の流派が加盟している(2008年(皇紀2668)平成20年現在)

 小川流
 皇風煎茶禮式流
 瑞芳庵流
 泰山流
 玉川遠州流
 賣茶本流

【煎茶道の道具】

 同じ道具でも、流派によって呼称が異なる場合がある

 急須・宝瓶(泡瓶)・茶銚
 茶碗・茗碗
 茶托
 湯冷まし
 涼炉・瓶掛・灰炉・火炉
 茶壺・茶心壺・茶入
 ボーフラ・湯罐・土瓶

【煎茶道のゆかり】

 <萬福寺
 茶聖 売茶翁 高遊外を記念して売茶堂が建てられる
 全日本煎茶道連盟本部の事務局がおかれ、煎茶文化の拠点になっている

 <平安神宮
 9月最終日曜に煎茶献茶祭が行われる
 煎茶道六流派の各宗家が、毎年輪番で献茶奉仕される
 一般参列は不可
 祭儀終了後、境内各所で協賛茶席が設けられる

 <白峯神宮
 11月23日に御火焚祭が行われる
 誓願成就、家内安全、除災招福など様々な願いが込められた「願い串」「護摩木」が浄火により炊き上げられる
 献茶式は、飛鳥井の名水を汲み上げて、茶道家元 千宗匠や煎茶道 方円流宗匠の奉仕によりお茶が奉献される

 <大蓮寺
 煎茶道小川流の流祖 小川可進のお墓がある
 旧 常念寺のときから建っていた

 <全日本煎茶道連盟本部>
 煎茶道の開祖は、黄檗宗を開いた隠元隆gとされている
 事務局が萬福寺におかれ、萬福寺の管長が全日本煎茶道連盟の会長を務める
 1956年(皇紀2616)昭和31年の設立

 <永谷宗円
 江戸時代中期に、日本煎茶の主流となる「青製煎茶製法」を考案した

 <売茶翁 高遊外
 煎茶を普及させ、茶聖、煎茶道の始祖といわれる

 <小川可進
 江戸時代後期の医師・茶人で、煎茶道小川流の創始者、初代小川後楽


【京都検定 第1回3級】

46.江戸時代、京都に煎茶を普及させ「売茶翁」と通称されたのは誰か?

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第6回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク