茶道(さどう)(Sadou)

茶道(さどう)は、様式にのっとって客人にお茶をふるまう喫茶法

「茶の湯」ともいう

 茶道(さどう)は、禅宗の広まりと共に精神修養的な要素を強めて広がっていき、
 お茶を入れて飲むだけでなく、生きていく目的、宗教、茶道具や茶室に置かれる美術品など、広い分野にまたがる総合芸術とされる

 現在、茶道は、抹茶道と煎茶道に大別される

【茶道の歴史・経緯】


【茶道の宗家】

 茶道を家業とし、代々、伝統を引き継ぐ家元

 <三千家(さんせんけ)
 千利休(せんのりきゅう)を祖とする茶道の宗家である三家
  表千家
  裏千家
  武者小路千家

 <藪内家(やぶのうちけ)
 武野紹鴎門下で、千利休の弟弟子にあたる剣仲紹智(けんちゅうじょうち)を祖とする

【主な茶人・関係者】

 <一翁宗守
 <大西清右衛門
 <奥村吉兵衛
 <黒田正玄
 <江岑宗左
 <駒沢利斎
 <千利休
 <千少庵
 <千宗旦
 <武野紹鴎
 <中川浄益
 <永谷宗円
 <中村宗哲
 <売茶翁 高遊外
 <古田織部
 <村田珠光
 <藪内家
 <楽吉左衛門

京都の茶室

 京都の茶室と、茶室の用具について

【その他】

 <懐石料理
 懐石料理(かいせきりょうり)とは、本来は、茶会のときにお客にもてなされる料理
 茶道とともに発達してきた京料理の一つ

 <四頭茶会
 室町時代に書かれた「喫茶往来」の記述そのままに行われる日本最古の茶法
 4月20日
 日本に喫茶の風習を伝えたといわれる建仁寺の開山 栄西禅師の誕生日の祝賀として四頭茶会が行われる

 <茶の湯菓子
 茶菓子は、大別して、主菓子(おもがし)と干菓子(ひがし)に分かれ
 濃茶には、主菓子、薄茶には、干菓子が用いられる


 <千家十職(せんけじゅっしょく)
 三千家が、自分好みの道具を作らせるために抱え込んだ、陶工・塗り師・指物師など10の職業を表す尊称

 <近代京都文学 京都ゆかりの著書
 「松風の家」  宮尾登美子


【京都検定 第1回3級】

45.室町時代に、村田珠光によって創始された禅の精神を取り入れた草庵の茶を受け継いで「わび茶」を大成したのは誰か?

46.江戸時代、京都に煎茶を普及させ「売茶翁」と通称されたのは誰か?

71.現在の京料理には大饗料理、本膳料理、精進料理、懐石料理の4つのルーツがあるといわれるが、茶道とともに発達した料理は何か?

【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク