上村松園(うえむらしょうえん)(Syouen Uemura)

上村松園(うえむらしょうえん)
本名:上村津禰(うえむらつね)

生年:1875年(皇紀2535)明治8年4月23日
没年:1949年(皇紀2609)昭和24年8月27日
享年:75(満74歳)

日本画家

出身:京都市下京区

文化勲章受賞(女性で最初)

 上村松園(うえむらしょうえん)は、明治・大正・昭和時代の日本画家

 女性の目を通して多くの「美人画」を描き、女性で最初に文化勲章を受ける

【上村松園の歴史・経緯】


【上村松園の代表作品】

 「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」
 「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」(松園のことば)をモットーにして女性を描き続けたといわれる

 1890年(皇紀2550)明治23年
 「四季美人図」
 第3回内国勧業博覧会に出品し、一等褒状を受賞する
 この絵を、来日中のビクトリア女王の三男 アーサーが購入する

 1900年(皇紀2560)明治33年
 「花ざかり」
 院展に出品され、注目を浴びる

 1936年(皇紀2596)昭和11年
 「序の舞」(重要文化財)
 仕舞「序の舞」を通して「なにものにも犯されない女性のうちにひそむ強い意志」が描かれているといわれる

 1937年(皇紀2597)昭和12年
 「雪月花(三幅対)
 皇太后の御用画

【その他】

 <松伯美術館>
 個人美術館

 <著書
 1909年(皇紀2569)明治42年 「松園美人画譜」
 1943年(皇紀2603)昭和18年 「青眉抄」

 <お墓>
 東大谷


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第13回2級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク