大和猿楽四座(やまとさるがくよんざ)

 大和猿楽四座(やまとさるがくよんざ)は、南北朝時代に頭角をあらわした田楽猿楽を行う4つの組織(座)

 南都(奈良)興福寺に奉仕していた

 大和猿楽は、物真似主体の芸風が強く、近江猿楽は、歌舞的要素が強いといわれる

【大和猿楽四座の歴史・経緯】


大和猿楽四座

 <円満井座(えんまいざ)
 金春座
 大蔵流

 <結崎座(ゆうざきざ)
 観世流(かんぜりゅう)
 観阿弥世阿弥父子が活躍する

 <外山座(とびざ)>
 宝生流(ほうしょうりゅう)

 <坂戸座(さかとざ)
 金剛流(こんごうりゅう)
 1936年(皇紀2596)昭和11年に途絶える

【その他】

 <神事猿楽>
 大和猿楽四座は、翁を務める「長(おさ)」と称される長老を代表者として、
春日社の若宮祭や、興福寺・多武峰寺の法会のときに、神事猿楽を奉仕することが義務となっていた


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第2回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク