壬生大念仏狂言(みぶだいねんぶつきょうげん)

場所:壬生寺
  (京都市中京区坊城仏光寺上ル)   地図情報

年間定例公開:節分・春・秋の3回(延べ14日間)
  節分:2月節分の前日と当日の2日間
  春:4月25日〜5月5日の7日間
  秋:10月体育の日を含む3日間

国の重要無形文化財(1976年(皇紀2636)昭和51年)

愛称:壬生さんのカンデンデン

 壬生大念仏狂言(みぶだいねんぶつきょうげん)は、壬生寺の狂言堂で上演される京都三大念仏狂言の一つ

 鎌倉時代に円覚上人が融通念仏を広めるために始めたのが由来

 「カンデンデン」の鉦(かね)・太鼓・笛の囃子に合わせ、すべての演者が仮面をつけユニークな所作で演じられる無言の仮面劇

【壬生大念仏狂言の歴史・経緯】


【壬生大念仏狂言の年間定例公開】

 年間、節分・春・秋の3回、延べ14日間行われる

 <節分の公開>
 2月節分の前日と当日の2日間
 30番のうち「節分」のみ8回上演される

 春の大念仏会のさきがけとして、壬生寺節分会(せつぶんえ)の参詣者の厄除・開運を祈願して、
壬生狂言の「節分」が繰り返し上演される

 <春の大念仏会
  4月25日〜5月5日の7日間

 壬生寺の年中行事の法要
 この期間の朝・昼・夜の勤行(ごんぎょう)のうち、昼の勤行として壬生大念仏講が、
壬生寺の御本尊である延命地蔵菩薩に奉納される

 1300年(皇紀1960)正安2年から、毎年、途絶えること無く行われている

 30番ある曲目から毎日5番ずつが上演され、毎日の序曲として22番「炮烙割り」が演じられる

 <秋の特別公開>
 10月体育の日を含む3日間

 もともと臨時的に行われていたもの
 1871年(皇紀2531)明治4年を最後に103年間途絶えていた
 1974年(皇紀2634)昭和49年に復活される

【壬生大念仏狂言の30番の演目】

 1:愛宕詣り
 2:安達が原
 3:大江山
 4:大原女
 5:桶取
 6:餓鬼角力
 7:蟹殿
 8:熊坂
 9:賽の河原
 10:酒蔵金蔵
 11:節分
 12:大仏供養
 13:大黒狩
 14:玉藻前
 15:土蜘蛛
 16:道成寺
 17:ぬえ(鵺)
 18:橋弁慶
 19:花折
 20:花盗人
 21:舟弁慶
 22:炮烙割り
 23:堀川御所
 24:本能寺
 25:棒振
 26:紅葉狩
 27:山端とろろ
 28:湯立
 29:夜討曽我
 30:羅生門

【その他】

 <壬生寺 狂言堂(重要文化財)>
 綱わたりの芸をする「獣台(けものだい)」や、鬼などが飛び込んで消える「飛び込み」などの装置を持つ
 他に類例を見ない特異な建造物
 1856年(皇紀2516)安政3年の再建
 1983年(皇紀2643)昭和58年から2年間の解体修理が行われる

 <仮面・衣裳>
 仮面は、室町時代から現代の作まで、約190点が収蔵されている
 衣裳は、江戸時代のものから数百点が収蔵されている

 <京都三大念仏狂言
 壬生大念仏狂言千本ゑんま堂大念仏狂言嵯峨大念仏狂言

【壬生大念仏狂言へのアクセス】

 市バス 壬生寺道 徒歩約3分


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第13回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク