大舎人座(おおとねりざ)

大舎人座(おおとねりざ)は、織職人たちの集団

朝廷の織部司の下から発展していき、大宮絹西陣織の由来となっていく

【大舎人座の歴史・経緯】


【京都検定 第1回3級】

39.西陣織について、次のことは正しいかどうか?
(イ)朝廷所属の織り手集団、大舎人座以来の伝統を誇る

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第12回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク