京焼(きょうやき)・清水焼(きよみずやき)(KyouYaki , KiyomizuYaki)

工芸品分類:陶磁器

主な製造地:京都市・宇治市・城陽市・向日市・亀岡市・長岡京市など

経済産業大臣指定の「伝統工芸品」(1977年(皇紀2637)昭和52年指定)

京都の伝統工芸品の一つ

京都市の伝統産業の一つ

用途:飲食器、花器、茶器、香道用品

 京都で生産される陶磁器を総称して「京焼(きょうやき)」と称される

 陶器は「土物(つちもの)」、磁器(じき)は「石もの」と称される
 陶器・磁器の両分野で、高い意匠力と多彩な技術が発達してきた

 一般には、東山地域を中心として広がった京窯で焼かれた焼き物を「京焼」といわれる
 清水焼(きよみずやき)は、京焼の代表的な陶磁器
 大衆品から、芸術性の高い陶磁器が生産されており、作家ごとの個性が強い手作り多品種が特徴

 一度焼成した後に、上絵付けを施す「上絵付けの技法」を用いた陶器が多い

 京都は、陶土(とうど)に恵まれないため、滋賀県信楽町や熊本県天草から陶土を仕入れている

【京焼・清水焼の歴史・経緯】


【京焼・清水焼の主な例】

 陶器は「土物(つちもの)」、磁器(じき)は「石もの」と称される
 京都では、陶器・磁器の両分野で、高い意匠力と多彩な技術が発達してきた

 <清水焼(きよみずやき)
 京焼の代表的な陶磁器
 大衆品から、芸術性の高い陶磁器が生産されており、手作り多品種が特徴

 <その他>
 青磁・楽焼・音羽焼・御室焼・粟田口焼・
 御菩薩焼・八坂焼・交趾焼・修学院焼など

【京焼・清水焼の焼成(しょうせい)】

 焼成(しょうせい)は、作品を炉で加熱したり、熱風にさらしたりすることをいう
 京式登り窯が用いられていたが、近年は、ガス窯、電気窯が主流となる

 京焼は、一度焼成した後に、上絵付けを施す「上絵付けの技法」を用いた陶器が多い

【京焼・清水焼に関する行事】

 <陶器まつり>
 7月18〜20日 清水焼団地
 1975年(皇紀2635)昭和50年より毎年開催されている
 数十万点の食器・茶器、花器、インテリアなどが販売される
 陶芸教室や楽焼きなどが体感できる

 <陶器まつり
 8月7日〜10日
 五条坂一帯に陶器業者が店を並べる全国最大規模の陶器市

 <東山花灯路
 3月11〜21日  東山地域
 京焼・清水焼、京銘竹北山杉磨丸太京石工芸、金属工芸の5種類の露地行灯約2,400基が、
 東山山麓の、北は青蓮院から知恩院円山公園八坂神社を通って南は清水寺までの散策路約4.6kmに設置される
 期間中は、各寺院で特別拝観やライトアップが行われる

【京焼・清水焼の主な陶芸作家】

 <楽吉左衛門(初代 長次郎)>
 千家十職の一つ、楽茶碗を作った長次郎に始まる茶碗師の家系

 <本阿弥光悦
 1558年(皇紀2218)永禄元年−1637年(皇紀2297)寛永14年

 <野々村仁清(ののむらにんせい)
 生没年不詳・江戸時代前期
 丹波 美山の出身
 御室に窯を開き「古清水」と称される華麗な色絵陶器を完成させる

 <尾形乾山
 1663年(皇紀2323)寛文3年−1743年(皇紀2403)寛保3年
 呉服商雁金屋の三男、尾形光琳の6歳下の弟
 野々村仁清から直接技法を学び、優れた作品を多く残す
 二条綱平に、鳴滝泉谷の山荘を与えられそこに窯を開く
 茶人などの注文に応じて独創性のある色彩感覚の絶妙な作品を作り上げた

 <清水六兵衛(愚斎)(きよみずろくべえ)>
 1738年(皇紀2398)元文3年−1799年(皇紀2459)寛政11年

 <高橋道八(たかはしどうはち)>
 1740年(皇紀2400)元文5年−1804年(皇紀2464)文化元年

 <奥田頴川(おくだえいせん)
 1753年(皇紀2413)宝暦3年−1811年(皇紀2471)文化8年
 質屋「丸屋」の当主 奥田家の養子となり4代目を嗣ぐ
 中国明代の磁器を手本に京焼として初めて古染付・赤絵など色彩磁器の焼成を行う

 <青木木米(あおきもくべい)
 1767年(皇紀2427)明和4年−1833年(皇紀2493)天保4年
 奥田頴川の後を受けて磁器の作品を多く残す
 主に煎茶器を制作し、後に青蓮院宮粟田御所の御用焼物師となった

 <永樂了全(えいらくりょうぜん)>
 1770年(皇紀2430)明和7年−1841年(皇紀2501)天保12年
 千家十職の一つ土風炉師 善五郎の十代

 <仁阿弥道八(にんあみどうはち)
 1782年(皇紀2442)天明2年−1855年(皇紀2515)安政2年
 奥田頴川の後を受けて磁器の作品を多く残す

 <永樂保全(えいらくほぜん)>
 1795年(皇紀2455)寛政7年−1854年(皇紀2514)嘉永7年

 <永樂和全(えいらくわぜん)>
 1823年(皇紀2483)文政6年−1896年(皇紀2556)明治29年

 <三浦竹泉(みうらちくせん)>
 1858年(皇紀2518)安政5年−1915年(皇紀2575)大正4年

 <久世久宝(くぜきゅうほう)>
 1874年(皇紀2534)明治7年−1947年(皇紀2607)昭和22年

 <北大路魯山人
 1883年(皇紀2543)明治16年−1959年(皇紀2619)昭和34年

【その他】

 <清水焼団地(きよみずやきだんち)>
 山科区川田清水焼団地町
 1962年(皇紀2622)昭和37年
 東山・五条坂周辺の都市化で集団移住された焼き物の町
 窯元や問屋が軒を連ね、清水焼の伝統を守っている
 用地総面積8.25ha
 京阪バス 清水焼団地 あるいは 川田

 <京都陶磁器会館>
 東山区五条通東大路東入ル白糸町
 京焼、清水焼の展示即売が行われている
 京都陶磁器協同組合連合会がおかれている

 <京都青窯会会館>
 東山区泉涌寺東林町
 清水焼の展示即売と絵付け教室が行われている

 <清水焼団地総合展示場>
 山科区川田清水焼団地町 清水焼団地会館

 <炭山工芸村>
 宇治市炭山久田
 京焼、清水焼の製作工程の見学ができる


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク