神祇調度装束(しんぎちょうどしょうぞく)

神祇調度装束(しんぎちょうどしょうぞく)は、神道における祭事、祭礼、神職に使われるもの

京都市の伝統産業の一つ

【神祇調度装の種類】

 <神具(しんぐ)>
 神社を飾る品や、祭事に使われる道具
 神殿、狛犬(こまいぬ)や神輿(みこし)、鉾、錦旗などの飾り物や、
 三宝(さんぽう)や絵馬(えま)、破魔矢(はまや)など
 神鏡(しんきょう)、神鈴(しんれい)、神額なども含まれる

 <祭礼>
 鉦(かね)、太鼓、笛、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)など雅楽関連品もある

 <装束(しょうぞく)>
 神官が着る衣装、冠、烏帽子、巫女の神楽衣装(かぐらいしょう)、裃(かみしも)
 神職は、狩衣、浄衣が通常において着用される
 祭事には、束帯、衣冠が着けられる

 束帯は、正式な朝服だった
 衣冠は、宿直の際などに用いる略服であった

【京都の神祇調度装の特徴】

 平安時代から
 京都では、国家安泰、鎮護国家の祈願のため、神社における祭事が盛んに行われ、
それらの神具や衣装をつくる工芸が、発展する

 現在も、京都では、全国生産の85%を占める

 種類は多様であり、少量生産、
 大部分が手作りで、専門家を多数必要とされる

 装束、神輿、鉾、錦旗などの飾り物は、ほとんどが西陣の錦綾や金欄などにより作られている

 <神祗型摺込技法(じんぎがたすりこみぎほう)>
 全国の神社の神紋(しんもん)を型染めする技法
 京都にのみ伝わる


【京都検定 第10回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク