京刃物(きょうはもの)

京刃物の種類:庖丁、鋏、鋸、ナタ、鎌、彫刻刀など

京都市の伝統産業の一つ

 「古事記」や「日本書記」によると、
 古墳時代に刀剣が伝来してきて、
 平安京遷都により、優秀な刀工が京都に移り住み、官需により京刃物が発展する

 <料理包丁>
 出刃(でば)、柳刃(やなぎば)、菜切(なきり)、鱧(はも)の骨切(ほねきり)、鮪切包丁(まぐろきりほうちょう)

【京刃物の特徴】

 京都には、伏見稲荷周辺の土、)
 砥石(鳴滝砥石、梅ヶ畑砥石)
 丹波地方の松炭(まつずみ)
 出雲地方の砂鉄や玉鋼(たまはがね)
 良質の水などが容易に入手できる適した条件を備えていた

 京都市の伝統産業
 京扇子京料理西陣織京竹工芸、木工芸、造園、建築、宮大工、畳、京仏具京印章などに欠かせない道具として
精密さを求められ高度化する

 製造工程の全て、一貫して一人の職人の手作りで行われ、
 需要に応じて細かく専門化している

【京刃物の刀工】

 三条宗近、吉家、五条兼永、国永、千代鶴国安など

 <刀鍛冶>
 <農鍛冶>
 <刃鍛冶>

【京刃物の製造工程】

 <素材>
 鉄の地金にホウ砂をかけ、鋼の刃金を乗せる

 <つけ>
 炉で熱して、小槌でたたき、地金と刃金をつける

 <切断>
 タガネで、ひとつ分づつに切る

 <火造り>
 炉で熱して小槌、向う槌でたたき、約3倍に打ち延ばしながら形をつくる

 <焼なまし>
 形作ったものをわら灰に入れて焼き戻し、鍛造のときに鋼内部の歪みが起こらないようにする

 <冷間鍛造>
 表面に付着した酸化鉄を、木槌でたたいて取り除き、
 ならし槌で巾、長さ、厚みを整えながらよく鍛える

 <荒仕上げ>
 やすりなどで整形し、銑で裏表の厚みを整える

 <焼き入れ>
 土、炭粉などを混合したものを塗り、赤熱させ、水につけて急冷する

 <焼もどし>
 炉の中で熱して、自然冷却させ、ねばりを与える

 <歪なおし>
 歪槌でたたいて歪を除く

 <仕上げ>
 荒砥、中砥、仕上げ砥で研下ろし、刃付けをする

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク