截金(きりかね)(Kirikane)

截金(きりかね)は、金箔・銀箔・プラチナ箔などで、さまざまな文様を描き出す技法

京都の伝統工芸品の一つ

重要無形文化財の一つ

別称:切金(きりかね)・細金(ほそがね)

 截金(きりかね)は、金箔・銀箔・プラチナ箔を、細い線や三角・四角・眉形などの細片に切り、
数枚焼き合わせた截箔(きりはく)を、筆と接着剤を用いて貼り付け、さまざまな文様を描き出す伝統技法


 仏像・仏画の衣や装身具を荘厳するために発達してきた

 中国 唐から伝わり、日本だけで伝承されている

【截金の歴史・経緯】


【截金の用途】

 <仏像
 木像の仏像の衣や宝冠、装身具に文様が施される

 <仏画>
 仏画を下絵として、全てを截金によって表現されたり
 彩色した仏画の衣や飾りに截金を施される

 <工芸>
 漆器やガラス器、鎌倉彫、七宝焼のアクセサリ、陶板などの工芸品に截金が施される

【箔の種類】

 <金箔>
 金を1万分の1mmほど薄く延ばした3寸6分角(約11cm2)の箔が用いて、
2枚を焼き合わせ、さらに両面に1枚ずつ焼き合わせていき4〜6枚ほどの厚みにしてから用いる

 <銀箔>
 平安時代鎌倉時代に用いられていた

 <プラチナ箔>

 <仏師箔>
 金箔と金箔の間に銀箔を挟んだもの


【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第14回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク