島原(しまばら)(Shimabara)

所在地:京都市下京区西新屋敷町   地図情報

 島原(しまばら)は、日本で最古の公許遊廊で、京都の六花街の一つ

 現在は、西本願寺の西の地区にある

 茶屋営業は行われていないが、
 多くの文人に親しまれた角谷(すみや)は、「角谷もてなしの文化美術館(重要文化財)」として、
輪違屋も遺構が残っている

 かしの式などの伝統的な行事も残っている

【島原の歴史・経緯】


【島原の建物】

 <島原大門(しまばらおおもん)(京都市指定建造物)>
 公許遊廊島原の正門で、花屋町通に立つ
 幅一間、本瓦葺、切妻の高麗門

 1729年(皇紀2389)享保14年
 堀と塀で囲まれていた島原地域の東辺北寄りに建てられた門
 1766年(皇紀2426)明和3年
 「道筋」と称されていた道の東端である現在の地に移される
 1854年(皇紀2514)嘉永7年8月
 島原地域一帯が火事にみまわれ、東側の大半が類焼し、門も焼失し、再建される
 1867年(皇紀2527)慶応3年5月
 現在の大門に建て替えられる
 本柱上の屋根のほか後方の控柱上にも小屋根をのせた高麗型
 建立当初は、冠木門(かぶきもん)であったといわれ、
 その後、塀重門(へいじゅうもん)、さらに腕木門(うでぎもん)へと建て替えられた
 門の前には、「出口の柳」が植えられており
 「さらば垣」がめぐらされている

 高麗門(こうらいもん)は、左右の控柱の上にも屋根がある門
 冠木門(かぶきもん)は、冠木を二柱の上方に渡した屋根のない門
 塀重門(へいじゅうもん)は、表門と庭との間にある塀に設けられ、左右に方柱があって笠木はなく、二枚開きの扉
 腕木門(うでぎもん)は、二本の本柱を立てて冠木を差し、腕木および出し桁で屋根を支えた門

 <揚屋 角屋(重要文化財)
 揚屋(あげや)は、太夫・芸妓などをかかえず、置屋から芸妓等を呼んで宴会を催す場
 建物は、揚屋建築唯一の遺構として重要文化財に指定されている
 幕末には、西郷隆盛桂小五郎坂本龍馬などの勤王志士たちが軍用金調達のため、豪商を招いて会談を行っていた
 現在は、「角屋もてなしの文化美術館」として一般公開もされている

 <置屋 輪違屋(京都市指定有形文化財)
 置屋は、太夫・芸妓などをかかえて、揚屋(あげや)や顧客の要望に応じて派遣をしていたところ
 創業は、元禄年間(1688年〜1704年)
 1857年(皇紀2517)安政4年
 現在の建物が再建される
 一階南半分の居室部分と、一階北半分と二階の客室部分
 客室は、十数室あり、二階の「傘の間」と「紅葉の間」が主要な座敷

【島原の風習】

 <島原の太夫(しまばらのたゆう)>
 島原の遊女の最高位の者
 容姿・茶道華道・歌道・京舞・文学など、あらゆる教養を身につけていたといわれる
 慶長年間(1596年〜1615年)
 四条河原で六条三筋町の遊女が女歌舞伎を催したとき、すぐれた遊女を「太夫」と称したのが由来
 寛永年間(1624年〜1644年)の名妓「吉野太夫」が有名

 <太夫道中>
 太夫が、置屋から揚屋へ内八文字を踏んで練り歩く様子
 重さ45kgにもおよぶ豪華な衣装に身を包む
 1971年(皇紀2631)昭和46年に16年ぶり
 1999年(皇紀2659)平成11年11月に28年ぶり
 2004年(皇紀2664)平成16年11月5年ぶりに、
 嶋原商店街で太夫道中が行われる

 <かしの式
 太夫が一人一人、お客と対面する「顔見せ」
 太夫は、言葉をしゃべる事は許されず、仕種と立ち振る舞いとまなざしでアピールする

【島原へのアクセス】

 市バス 島原口 徒歩約3分
 市バス 梅小路公園前 徒歩約10分


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第8回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク