都をどり(みやこをどり)(Miyako Wodori)

期日:4月1日〜30日
場所:祗園甲部歌舞練場京都市東山区祗園町南側)   地図情報

流派:井上流

創演:1872年(皇紀2532)明治5年

 都をどり(みやこをどり)は、毎年4月1日〜30日に、祗園甲部歌舞練場で開催される祗園甲部舞妓さん・芸妓の舞踊公演

 「よーいやさぁー」の掛け声とともに春の到来を告げ、豊麗な桜と美が競われる

 「チェリーダンス」として、海外にも知られる

【都をどりの由来】


【都をどりの形式】

 都をどりは、総踊形式で、京都の名所などを長唄などで紹介しながら踊る

 舞台までの両側に花道が設置され、花道からお揃いの衣装を着けた踊り子たちが登場する

 歌舞伎や文学、逸話などを取り入れ10分間で踊りながら物語が説明される

 <最初の場面>
 井上流の故事にちなんで、銀襖を張り詰められた舞台から始まる

 <別踊(べつおどり)>
 中挿みの場面


【お茶席】

 都をどりの上演前に、祗園甲部歌舞練場の2階でお茶席が設けられる

 点茶の形式は、「立礼式」
 外国人を接待するために裏千家が考案したもの

 点茶は、芸妓により行われ、控えは舞妓さんが行う
 芸妓は、京風の島田髷を地毛で結い、衿を裏返す黒紋付の正装姿をしている


【祗園甲部歌舞練場】

 祗園の花街は、四条で二分され、北側の一部と南側を甲部と称される

 <祗園甲部歌舞練場(有形文化財)>
 客席数:1200席
 本館、別館、玄関、正門、八坂倶楽部、彌栄会館が有形文化財の指定を受ける



【アクセス】

 市バス 祗園 徒歩400m


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第6回1級】

【京都検定 第8回1級】

【京都検定 第10回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク