事始め(ことはじめ)

 事始め(ことはじめ)は、花街や室町・西陣の旧家などで、
 12月13日を1年の区切りとして、この日から正月を迎える準備を始めること

【事始め(ことはじめ)】

 1年の感謝をこめて本家や得意先などへの挨拶回りをする
 芸子・舞妓さんたちは「今年もよろしゅうおたのもうします」と家元に挨拶をし、ご祝儀の舞扇を受けて精進を誓う

 また、家元では、稽古場に「玉椿(たまつばき)」の軸がかけられ、門弟から届けられた鏡餅が段飾りされる

 昔はこの日に、門松やお雑煮や餅作りの薪など、お正月に必要な木々を山へ取りに行く習慣があった
 旧暦の12月13日の二十八宿は必ず「鬼」になっており、
 鬼の日は、婚礼以外は全てのことに吉とされており、この日が選ばれたとされる

【その他】

 <京舞 井上流
 事始めには、正月の準備が始められ、稽古場に「玉椿」の軸が掛けられ、門弟から届けられた鏡餅が飾られる
 舞妓さんは、師匠から舞扇が渡される


【京都検定 第1回3級】

38.花街について、次のことは正しいかどうか?
(ウ)新年を迎えて芸舞妓が一堂に会して精進を誓う行事を「事始め」という

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第3回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク