祗園小唄(ぎおんこうた)(GionKouta)

作詞:長田幹彦(「祗園夜話」「青春時代」などのベストセラー作家)
作曲:佐々紅華(さっさこうか)

歌 :藤本二三吉

歌詞:
  月はおぼろに東山 霞(かす)む夜毎(よごと)のかがり火に 夢もいざよう紅桜
  しのぶ思いを振袖(ふりそで)に 祗園恋しや だらりの帯よ

 祗園小唄(ぎおんこうた)は、舞妓の舞で謡われた流行歌の一つ

 長田幹彦が、祗園のお茶屋「吉うた」で作詞したといわれる
 直筆原稿が、「吉うた」に保存されている

 映画「祗園小唄絵日傘」(1930年(皇紀2590)昭和5年)の主題歌となって流行した

 京舞 四世井上八千代が振り付けをし、祗園花街を代表する舞踊となっている

 <歌碑
 1961年(皇紀2621)昭和36年11月23日
 お茶屋「吉うた」二代目 女将 お龍さんが、歌碑の建立に尽力
 円山公園の瓢箪池の西北角に建てられる

 <祗園小唄祭>
 11月23日
 2002年(皇紀2662)平成14年
 「祗園小唄」の功績を顕彰しようと、祗園の芸子・舞妓さんが歌碑に花を添え、歌詞を朗読する祗園小唄祭が行われる
 2003年(皇紀2663)平成15年以降
 京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)の主催で毎年行われている


【京都検定 第1回3級】

38.花街について、次のことは正しいかどうか?
(エ)「月はおぼろに東山・・・」ではじまる舞の歌を「祗園小唄」という

【京都検定 第8回3級】

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第4回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク