祇園をどり(ぎおんをどり)(Gion Wodori)

期日:11月1日から10日

場所:祗園東歌舞練場(祗園会館)京都市東山区祗園町北側)   地図情報

流派:藤間流

 祇園をどり(ぎおんをどり)は、祗園東歌舞会の舞妓さん・芸妓による舞踏公演

 京都の五花街京舞公演のうち唯一秋の11月に行われる

 毎年、オリジナルな企画と、華やかで特徴のある構成が特徴

 最後には、「祇園東小唄」が総踊りで披露される

【祇園をどりの歴史・経緯】


【演目の実例】

 <第59回祇園をどり(2016年(皇紀2676)平成28年)>
 テーマ「歓無極園賑(かんむきょくそののにぎわい)−祇園祭ねり物をふたたび」
 「ねりもの」は、祇園祭神輿洗いの日に芸妓が仮装して町を練り歩いた行事
 祗園東では、1960年(皇紀2620)昭和35年を最後に途絶えており、行事の復活を目指してテーマに取り上げられた
 舞妓さん・芸妓16人が出演した

  序景: 「園の賑い」
 第一景: 「菊の下露」
 第二景: 「鎌倉山の時鳥」(静御前の白拍子舞)
 第三景: 「条橋の月」(弁慶が源義経と出会う様子を物語る)
 第四景: 「関の花」(小野小町と在原業平の和歌)
 第五景: 「八朔の花紫」
 第六景: 「櫓の雪」
 第七景: 「松の寿」
 第八景: 「見物の舞妓」(ねりものを見学する舞妓の華やかな様子)
 第九景: 「祇園東小唄」(フィナーレの総踊り)

【その他】

 <祗園会館
 1958年(皇紀2618)昭和33年から、日本や世界の名画を上映する映画館もある
 客数502席

【祗園東へのアクセス】

 市バス 祗園 徒歩数分
 京阪 四条駅 徒歩約10分
 阪急 河原町駅 徒歩約10分
 地下鉄 東山駅 徒歩約10分


【京都検定 第1回3級】

70.京都の五花街の京舞公演のうち、唯一秋に行われるのは何をどりか?

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第13回2級】

【京都検定 第3回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク