祗園甲部(ぎおんこうぶ)

所在地:京都市東山区祗園一帯   地図情報

歌舞練場:祗園甲部歌舞練場

をどり:都をどり(4月)
舞踊流派:井上流

紋章:つなぎ団子

 祗園甲部(ぎおんこうぶ)は、京都では最大の花街(かがい)

 祗園(八坂神社より西側、鴨川付近まで、北は新橋通から南は建仁寺あたりまで)を、
 東西に走る四条通と、南北に走る花見小路通で4分割すると、
 北東の一画が祗園東、それ以外を祗園甲部とされる

 客筋としては、政界・経済界・宗教界・芸能界など、各界の一流が集う

【祗園甲部の歴史・経緯】




【祗園甲部の主な行事】

 <始業式(しぎょうしき)
 1月7日 新年を迎えて芸子・舞妓さんが一堂に会して清進を誓う

 <初寄り(はつより)>
 1月13日 京舞井上流の稽古が始められる日

 <大石忌(おおいしき)> 3月20日

 <都をどり
 4月1日〜4月30日

 <都の賑い
 6月第3土日曜 京都の五花街の芸子・舞妓さんによる年一度の歌舞公演会

 <祇園祭> 7月1日〜31日
 <みやび会(お千度)> 7月初旬

 <八朔
 8月1日 お世話になっている宗家、お得意先への挨拶回りをする

 <温習会
 10月1日〜10月7日
 芸妓・舞妓さんが、日頃の研鑽の技芸を披露する行事

 <かにかくに祭
   11月8日 祗園歌人の吉井勇を偲んで白川南通で催される

 <顔見世総見> 12月初旬

 <事始め(ことはじめ)>
 12月13日から正月を迎える準備が始められる

 <おことうさん> 12月31日



【その他】

 <つなぎ団子>
 祗園甲部の紋章
 花街として公認されたときに、八町の団結を団子にみたてて、8つの輪がつながった模様になっている

 <祗園新橋重要伝統的建造物群保存地区
 縄手通(なわてどおり)の東、新橋通と白川に面する地域
 質の高い洗練された京町家が整然として建ち並び、美しい流れの白川や、石畳、樹木などと一体となり、
 すぐれた歴史的風致を形成している

 <祗園町南歴史的景観保全修景地区
 京都市に3ヶ所ある歴史的景観保全修景地区の一地区
 花見小路周辺は、八坂女紅場学園が所有しており、乱開発から逃れることができている

 <八坂女紅場学園
 祗園甲部歌舞練場に付属する芸事の専門学校

 <一力亭
 四条通花見小路通が交差する南東角にあるお茶屋
 大石内蔵助も利用していたといわれ、浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」の七段目の舞台となった


【祗園甲部へのアクセス】

 市バス 祗園 徒歩約5分
 京阪電車 四条駅 東へ徒歩約5分
 阪急電車 河原町 東へ徒歩約10分


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第13回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク