吉井勇(よしいいさむ)(Isamu Yoshii)

大正時代・昭和時代の歌人、劇作家

生年:1886年(皇紀2546)明治19年10月8日
没年:1960年(皇紀2620)昭和35年11月19日
享年:75

爵位:伯爵
日本芸術院会員

出身:東京
お墓:青山霊園(東京)

 吉井勇(よしいいさむ)は、大正時代・昭和時代の歌人、脚本家

 祇園元吉町の白川沿いに「かにかくに祇園はこひし寝るときも枕のしたを水のながるる」の吉井勇の歌碑があり、
 毎年11月第2日曜日に、祗園甲部の芸妓・舞妓さんが歌碑に白菊を手向けてしのぶ「かにかくに祭」が行われている

【吉井勇の経緯】

【歌人・劇作家】

 <戯曲「午後三時」>
 1909年(明治42年)3月「スバル」に発表
 坪内逍遥に認められ、その後、続々と戯曲を発表して脚本家としても名をあげる

 <第一歌集「酒ほがひ」>
 1910年(皇紀2570)明治43年刊行
 青春の情熱を奔放に歌いあげて高い世評を得る

 <戯曲集「午後三時」>
 1911年(皇紀2571)明治44年
 耽美派の歌人・劇作家としての地位を築く

 <歌集「祇園歌集」>
 1915年(皇紀2575)大正4年11月、新潮社より刊行
 紅灯の巷の情趣を享楽的に歌った

 <戯曲集「俳諧亭句楽」>
 1916年(皇紀2576)大正5年
 市井の寄席芸人の哀歓を描いた

【吉井勇ゆかりの地】

 <吉井勇の歌碑「かにかくに」
 1955年(皇紀2615)昭和30年11月8日
 古希を迎え、祇園元吉町の白川沿いに歌碑が建てられる
 「かにかくに 祇園はこひし寝るときも 枕のしたを 水のながるる」

 <大沢池
 大沢池の南、道の向こうに立つ浄髪供養塔に、吉井勇の歌が刻まれている
 「年ひとつ加わることも たのしみとして 静かなる老いにいらまし」

 <清凉寺
 吉井勇の歌碑
 「いまもなほ なつかしとおもふ 夕霧の 墓にまうでし かへり路の雨」

 <京都府立総合資料館
 吉井勇の蔵書、遺品などが所蔵されている

 <有栖川宮旧邸
 烏丸通に面した表門(青天門)
 京都地方裁判所長 石田寿と親交のあった歌人 吉井勇が、李白の詩から字をとって「青天門」と命名したといわれる

 <松花堂庭園
 松花堂庭園の近くの宝青庵で暮らしていたときに、松花堂昭乗を偲んで詠んだ和歌を刻した歌碑が立っている

【その他】

 <短編小説「銀閣寺行(ぎんかくじゆき)」>
 1953年(皇紀2613)昭和28年の発表
 新京極映画を見た帰路、銀閣寺行きの市電で乗り合せた男女の芸人の会話を耳にする話

 <かにかくに祭
 毎年11月第2日曜日
 「かにかくに」の歌碑に、祗園甲部の芸妓・舞妓さんが歌碑に白菊を手向けて吉井勇をしのばれる

 <お茶屋「大友(だいとも)」
 大友は戦前の文化サロンとなっていたお茶屋
 女将 磯田多佳は、「文芸芸妓」といわれた
 「祇園歌人」といわれた吉井勇、夏目漱石、谷崎潤一郎、高浜虚子長田幹彦、尾崎紅葉などの文人、
画家の藤田嗣治、横山大観、浅井忠などがひいきにして通っていたといわれる


【京都検定 第1回3級】

69.歌人の吉井勇を偲んで、白川南通の川沿いに建つ歌碑の前で、毎年11月8日に催される行事は何か?

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク