坂田藤十郎(さかたとうじゅうろう)(Toujyuurou Sakata)

歌舞伎における名優

屋号:山城屋

定紋:星梅鉢

 坂田藤十郎(さかたとうじゅうろう)は、歌舞伎における名優

 初世は、江戸時代初期
 江戸の市川団十郎と人気を競い、劇作家 近松門左衛門とともに京の舞台で活躍する
 芸風は写実的で弁舌に優れ、やつし事・濡れ事を得意とし、和事の創始者とされる

 三代目の死去の後は襲名する者がなく、伝説的な名跡となっていたが、
 2005年(皇紀2665)平成17年に231年ぶりの四代目が襲名した

【初世 坂田藤十郎】

江戸時代初期
1647年(皇紀2307)正保4年〜1709年(皇紀2369)宝永6年

 芸風は写実的で弁舌に優れ、やつし事、濡れ事を得意とし、和事の創始者とされる


【二世 坂田藤十郎】

1669年(皇紀2329)寛文9年〜1724年(皇紀2384)享保9年

初世の弟分

通称:伏見藤十郎

【三世 坂田藤十郎】

1701年(皇紀2361)元禄14年〜1774年(皇紀2434)安永3年

 三条半弥として若衆方を演じ、兵四郎の門に入り、立役として坂田定四郎を名乗ったといわれる

 実事を最も得意とし、京都、大坂、江戸の三都で多くの舞台を演じる

【四世 坂田藤十郎】

本名:林宏太郎

 2005年(皇紀2665)平成17年12月
 京都 南座顔見世興行において、坂田藤十郎 三世の死後231年ぶりに、
四代目 坂田藤十郎の名を襲名する


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第14回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第6回1級】

【京都検定 第15回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク