京都の歌道(かどう)(KaDou)

和歌の道

和歌を詠む技法・作法など

和歌とは、五音と七音を標準とする大和ことばによる定型詩・詩(うた)
 歌道(かどう)とは、和歌の創作や、和歌に関する学問(歌論・歌学)

【歴史・経緯】

平安時代中期>

 905年(皇紀1565)延喜5年
 我が国最初の勅撰和歌集「古今和歌集」を
 醍醐天皇の勅命により、紀貫之ら4人の撰者により編成が行われる

 この頃から、漢詩の「紀伝道(文章道)」に対応して「うたのみち」が唱えられるようになる

 <六歌仙>
 僧正遍昭・在原業平・文屋康秀(ぶんややすひで)・喜撰法師・小野小町
 大友黒主(おおとものくろぬし)

 その他著名歌人
 紀友則・凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)・壬生忠岑(みぶのただみね)・平貞文

 <八代集>
 天皇が勅命を出し国家事業として編集された勅撰和歌集のうち、「古今和歌集」以後の最初の八集
   古今和歌集後撰和歌集、拾遺和歌集、後拾遺和歌集、
   金葉和歌集、詞花和歌集、千載和歌集、新古今和歌集

 編さん・撰者
 紀貫之藤原俊成藤原定家・源通具・六条有家・藤原家隆・飛鳥井雅経・寂蓮など

 この間に優れた女流歌人が輩出する
 伊勢(いせ)・和泉式部紫式部清少納言・赤染衛門・式子内親王後白河天皇の皇女)・小式部内侍

 京都の代表的な歌枕
 化野嵐山大堰川・鳥部山・深草・小倉山など

平安時代後期>

 師弟制度が始まり、六条源家・六条藤家・御子左家(みこひだりけ)などが創始されていく

 歌壇では文芸至上主義の傾向が強まり、秘伝化・神秘化が行われていく

 御子左家は、伝統主義を重視しつつ、実作品と理論で「歌道師範家」として家職を確立させていく
 藤原為家の後に、その子孫が、京極派・二条派・冷泉家の三派に分裂する
 京極派・二条派の宗家は、室町時代なると相次いで断絶するが、二条派は、門人らによって継承されていく

 二条派には、「古今和歌集」所収和歌の解釈に関する秘説が「古今伝授」として、師から弟子に秘かに継承される
 古今伝授は、神秘性から中世歌壇における最高の秘伝として権威付けられた
 東常縁・飯尾宗祇・三条西実枝・細川幽斎・智仁親王らが、古今伝授の代表的な継承者とされる

鎌倉時代

 <幽玄体(ゆうげんたい)>
 西行(さいぎょう)、藤原俊成

 <有心体(うしんたい)>
 藤原定家が、晩年、古代以来の秀歌を集めた「小倉百人一首」の選定を手掛ける

 <二十一代集
 「八代集」と、新古今和歌集以降の勅撰和歌集「十三代集」とを合わせた総称

 八代集の最後の和歌集「新古今和歌集」の6人の撰者
   藤原定家、源通具、六条有家、藤原家隆、飛鳥井雅経、寂蓮

 <小倉百人一首
 公家 藤原定家が、嵯峨野小倉山の山荘で選んだとされる
 飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院まで、100人の和歌が1首づつ選ばれている


 藤原定家の孫(藤原為家の子):二条為氏(二条家)、京極為教(京極家)、冷泉為相冷泉家

<近世>

 江戸時代には、歌道が、木下勝俊や戸田茂睡によって批判され、後に、国学による独自の歌学研究が起こる

 古今伝授(こきんでんじゅ)を伝える細川幽斎
 豊臣秀吉の甥 木下長嘯子(きのしたちょうしょうし)
 平安四天王の一人 小沢蘆庵
 桂園派の中心 香川景樹(かがわかげき)
 女流 大田垣蓮月
 松尾芭蕉の高弟 服部嵐雪
 貞門俳諧の祖 松永貞徳

 世相や風俗などを風刺したり滑稽に表す遊戯的な俳句「雑俳(ざっぱい)」が流行る
 雑俳集「口よせ草

<明治時代以降>

 正岡子規や与謝野鉄幹らによる和歌改革論者によって歌道そのものの価値が否定されていく

 与謝野鉄幹与謝野晶子
 山川美子
 吉井勇

【京都の歌碑】

 京都で生まれた、すばらしい和歌や俳句などの作品を歌碑として、あちこちで見ることができる

【連歌】

 室町時代初期に流行した、複数の作家により作られる詩
 連歌は、17音(5−7−5音)からなる詩行と、14音(7−7音)からなる詩行を、
参加者が交互に継ぎ足していき、通常100行の詩を完成させる
 格調の高く、美意識が踏襲され、古典の故事を引用しながら詩句を作るのが作法とされていた
 また、第1行目には季語を入れるのが作法であった

【俳諧】

 室町時代後期に流行したユーモアな連歌
 生活感のある事柄を題材として用いてパロディ化した愉快性を持ち、語呂合わせが多用される
 連歌同様、第1行目には季語を入れるのが作法

【俳句】

 連歌や俳諧の第1行目は「発句」と称される
 俳諧の発句だけを独立した作品として発表する例も見られるようになり、俳句の起こりとなる
 連歌や俳諧の第1行目に季語を入れる作法が踏襲された

 <著名な俳人>
 松尾芭蕉
 向井去来
   江戸時代前期に活躍した松尾芭蕉の門人で蕉門十哲の一人
   嵯峨野小倉山山麓に隠棲した草庵「落柿舎(らくししゃ)」で俳諧道場を開く
 高浜虚子


【京都検定 第1回3級】

69.歌人の吉井勇を偲んで、白川南通の川沿いに建つ歌碑の前で、毎年11月8日に催される行事は何か?

【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第6回1級】

【京都検定 第12回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク