供華(くげ)(Kuge)

 供華(くげ)は、仏前に花などを供えて美しく飾りつけをする(荘厳する)宗教的な儀式

 須弥壇(しゅみだん)上の卓(しょく)の華瓶(けびょう)には、樒(しきみ)(仏前に供える木)が立てられる

 前卓(まえじょく)の花瓶(かひん)には、立花式(りっかしき)の立て方で、
松や檜(ひのき)などの青木を真にして、四季に応じた色花を挿しまぜる

 供華から、六角堂の僧 池坊家により花の生け方としての道として生け花が発展していく

【立て方】

 供華の立て方には、様々な流派や方式がある

 棘(とげ)や毒のある花、造花などは用いない

 <雑花式(ざっかしき)>
 葬儀や三回忌までの法要、追悼法要などの場合
 赤色は除かれる

 <松一式(まついっしき)>
 元旦法要や宗祖降誕会、慶讃法要、結婚式などの場合

【立花の真】

 立花の真には、概ね四種類がある

 <捌真>
 松の葉をそのまま捌いて真にしたもの
 普段、用いられる

 <巻真>
 松の葉を、針金や糸などで束ねて真に巻き付けたもの
 重要な法要で用いられる

 <笠真>
 松の葉を組み合わせたものを、笠形した太枝に取り付けて真としたもの
 松一式の場合や、重要な法要で用いられる

 <梅真(ばいしん)>
 梅の枝を真にしたもの


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第5回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク