京の華道(かどう)(Kadou)



華道(かどう)は、草花や樹木などの植物材料を組み合せて鑑賞する「いけばな」を、「道」として体系化したもの

 室町時代
 仏前に花を供える「供華(くげ)」を行っていた六角堂の僧 池坊家の花の生け方が、
特徴ある優れたものと評判となり、「道」として発展していく


 さまざまな花材が用いられ、その生け方は華道流派によって異なる
 江戸時代以降、池坊から枝分かれして多くの流派が誕生し、
 「日本いけばな芸術協会」に登録されているだけで約400流派が存在する

【華道の歴史・経緯】




【華道の代表的な流派】

 <池坊宗家>
 六角堂の僧
 池坊12世 池坊専慶
 池坊28世 池坊専応
 池坊31世 池坊専好

 <嵯峨御流
 大覚寺が総司所
 嵯峨天皇の命日には、華道祭が行われている

 <未生流(みしょうりゅう)>
 <容眞御流(ようしんごりゅう)>
 <草月流(そうげつりゅう)>
 <小原流(おはらりゅう)>
 <華道遠州(かどうえんしゅう)>

【いけばなの発展】

 <供華(くげ)
 奈良時代
 仏前に花を供える供華が、いけばなの始まり

 <花合せ(はなあわせ)>
 平安時代
 貴族の、栽培した花の優劣を争う遊び

 <瓶花>
 室町時代
 書院や床に置いて観賞する、座敷飾りが理論化され花伝書(かでんしょ)が作られる

 <立花(たてばな)>
 室町時代
 七夕の法会(ほうえ)などの催しに花を立てることが盛んになる

 <立華(りっか)>
 桃山時代
 豪華な客殿にふさわしい大瓶に立てられる

 <抛入花
 江戸時代初期
 町人の遊芸として大衆化する

 <生花(しょうか)>
 江戸時代後期
 立華と抛入花から発展したもので、池坊の免許制が確立する


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第3回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク