橘逸勢(たちばなのはやなり)(Tachibanano Hayanari)

橘逸勢(たちばなのはやなり)は、平安時代の能書家、官人

生年:782年(皇紀1442)延暦元年(不明確)
没年:842年(皇紀1502)承和9年8月13日

橘奈良麻呂の孫
嵯峨天皇皇后橘嘉智子の従兄弟

 橘逸勢(たちばなのはやなり)は、「橘秀才」と称され、空海嵯峨天皇とともに三筆の一人

 承和の変に協力したとして、伊豆に配流の途中で遠江国(現在の静岡県)で病死する
 後に、無実として従四位下が贈られたが、怨霊が恐れられ、上御霊神社下御霊神社に祀られる

【橘逸勢の歴史・経緯】


【橘逸勢の筆跡】

 <御物伊都内親王願文>

 <興福寺南圓堂銅燈籠臺>

【御霊会】

 863年(皇紀1523)貞観5年5月20日
 御霊を静めるために神泉苑にて御霊会が行われる

 <上御霊神社
 794年(皇紀1454)延暦13年
 平安京遷都の時に
 桓武天皇が、早良親王、井上内親王らの怨霊を鎮めるために創祀した
 橘逸勢、他戸親王、藤原吉子、文屋宮田麿、吉備真備など十三柱の怨霊が祀られる

 <下御霊神社
 京都の強い8つの怨霊「八所御霊(はっしょごりょう)」が祀られている


【京都検定 第2回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク