京都の伝統工芸品(でんとうこうげいひん)(DentouKougeiHin)

伝統工芸品(でんとうこうげいひん)は、焼物・染色・織物・木工・石工など工芸的手法で作られた製品

「民芸品(みんげいひん)」とも称される

経済産業大臣指定の「伝統的工芸品」:17品目(2013年(皇紀2673)平成25年4月現在)

【京都の伝統工芸品の歴史・経緯】


 <内匠寮(たくみりょう)>
 調度の作製や儀式の時の装飾を司る官庁
 「内」は、宮廷内部の需要に応じることを意味する
 ここには、
 綿、綾、羅の織り手20人
 画工、細工、金銀工、玉石帯、鋼鉄、鋳工、造船、屏風、漆塗り、轆轤(ろくろ)、皮革、柳箱工など
15業種、120人の工人がいたとされる

 <図書寮(ずしょりょう)>
 仏教経典の書写、製本、造紙手、造筆手、造墨手の技術指導者もいた

 <別所(べっしょ)紙屋院>
 紙漉き(かみすき)のための紙戸(しこ)50戸があった
 麻や雁皮(がんぴ)などが原料で紙は非常に貴重なもので、天皇の綸旨(りんじ)、写経、宮廷の公私文書に使われる
 延喜式では、年間2万枚の紙の納入が義務付けられていた

【京都の伝統工芸品】

 京都には、経済産業大臣指定の「伝統的工芸品」が17品目ある
 全国では、207品目が指定されている  (2013年(皇紀2673)平成25年4月現在)

 西陣織(織物)(1976年指定)
 京鹿の子絞(染色品)(1976年指定)
 京友禅(染色品)(1976年指定)
 京小紋(染色品)(1976年指定)
 京黒紋付染(染色品)(1979年指定)
 京繍(その他繊維製品)(1976年指定)
 京くみひも(その他繊維製品)(1976年指定)
 京焼・清水焼(陶磁器)(1977年指定)
 京漆器(漆器)(1976年指定)
 京指物(木工品)(1976年指定)
 京仏壇(仏壇・仏具)(1976年指定)
 京仏具(仏壇・仏具)(1976年指定)
 京石工芸品(石工品・貴石細工)(1982年指定)
 京人形(人形)(1986年指定)
 京扇子(その他工芸品)(1977年指定)
 京うちわ(その他工芸品)(1977年指定)
 京表具(その他工芸品)(1997年指定)

 <その他の京都の伝統工芸品>
 京象嵌
 京竹工芸品
 京刃物
 截金
 黒谷和紙
 胡粉
 七宝焼
 神祇調度装束
 ちりめん
 砥石
 花かんざし
 蒔絵

京都市の伝統産業

 京都市伝統産業活性化推進条例に基づいて、72の伝統産業が指定されている


【京都検定 第1回3級】

40.京人形について、次のことは正しいかどうか?
(ア)嵯峨人形や賀茂人形、御所人形、伏見人形などを京人形と呼ぶ
(イ)伏見人形には金欄・緞子などの布破れも使う
(ウ)京人形の歴史は、平安時代の公卿社会で用いられた雛に始まる
(エ)宝鏡寺は「人形寺」と呼ばれている

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第6回1級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク