涌泉寺(ゆうせんじ)(YuusennJi)


所在地:京都市左京区松ヶ崎堀町   地図情報

日蓮宗の寺院

山号:松ヶ崎山

本尊:十界大曼荼羅

通称:松ヶ崎檀林(まつがさきだんりん)

 涌泉寺(ゆうせんじ)は、比叡山の西麓に立つ、五山の送り火の松ヶ崎西山・東山「妙法」の麓の寺院

 送り火の後、松ヶ崎題目踊り・さし踊りが行われる

 天台宗の寺院から、日像上人の布教を受けて、法華宗に改宗された妙泉寺と、
日生上人によって、法華宗の僧侶養成のための学問所として創建された本涌寺(松ヶ崎檀林)が
大正時代に合併した寺院

【涌泉寺の歴史・経緯】


【涌泉寺の伽藍】

 <薬医門>

 <本堂>
 1574年(皇紀2234)天正2年
 壇林の講堂として建立
 1654年(皇紀2314)承応3年
 現在の建物が、東福門院の女院御所の残木を集めて建立される
 禅宗本堂と同じく、前後各3室から構成される方丈型平面
 前列は中央18畳、左右各12畳、後列は中央が板敷きの仏間で両脇に各八畳間が付く
 他の壇林講堂に比べて簡素な構成で、後列の間が大きくなっており、前列三室が一体化している
 京都壇林の中で最古の遺構

 <石碑>
 山門の傍らに立つ
 「法華宗根本学室」と刻まれている

 <桜井水>
 墓参の供え水とする井泉で聖域になっている
 井泉の上に「南無妙法蓮華経桜井水」の石碑がある
 枕草子一六八段に記されている井戸
 昔から、涸れることなく湧き出し、自然石で囲った浅い井泉に広がっている名水
 紫式部は「春めける 声にきこゆる 鶯は また桜井に すめるなりける」と詠んだ

 <鐘楼>

【涌泉寺の寺宝】

 <十界大曼荼羅>
 本尊
 1336年(皇紀1996)延元元年/建武3年
 日像上人の自筆

【涌泉寺の祭事】

 <五山の送り火
 8月16日
 松ヶ崎西山・東山では、「妙」「法」が灯される
 「妙」の字は、法華宗に改宗された時、日像上人が杖で「妙」の字を書いて点火したといわれる
 「法」の字は、妙泉寺の末寺 下鴨大妙寺の日良(にちりょう)が書いたのが由来といわれる

 1662年(皇紀2322)寛文2年に刊行の名所案内記「案内者(あんないしゃ)」にも記されている

 <松ヶ崎題目踊り・さし踊り(無形民俗文化財)>
 8月15日・16日 午後8時〜22時頃
 16日は、五山の送り火が終了した21時頃から始められる
 日本最古の盆踊りといわれる

 <さし踊り>
 洛北一帯で踊られている盆踊り

【涌泉寺へのアクセス】

 地下鉄 松ヶ崎東口 東北へ約500m
 市バス 松ヶ崎海尻町 東北へ約500m
 叡山電車 修学院駅 徒歩約10分
 京都バス 修学院駅 徒歩約10分


【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク