養源院(ようげんいん)(YougenIn)


所在地:京都市東山区三十三間堂廻り町   地図情報

浄土真宗遣迎院派(げんごういんは)の寺院

本尊:阿弥陀如来

創建:淀殿(淀君)(豊臣秀吉の側室)

開山:成伯法印(浅井長政の従弟)(比叡山の僧)

通称:桃山御殿(ももやまごてん)、宗達寺(そうたつでら)、血天井の寺(ちてんじょうのてら)

 養源院(ようげんいん)は、豊臣秀吉の側室 淀君の父親 浅井長政(養源院)の菩提寺

 蓮華王院(三十三間堂)の東向かいに建つ

【養源院の歴史・経緯】



【養源院の伽藍】

 <本堂
 1621年(皇紀2281)元和7年  徳川秀忠が、伏見城の遺構を移築したもの
 俵屋宗達の襖12面、杉戸8面で飾られている

 血天井
 本堂の左右と正面の3方の廊下の天井
 関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の攻防戦において、
守護を任せられていた伏見城が豊臣軍の大軍に包囲されても、最後まで自刃せずに戦い討死した徳川軍の鳥居元忠ら約800人を
供養するために、討死した血痕が残る大広間の床板を天井にして祀られている
 同じ血天井が、宝泉院正伝寺源光庵興聖寺にも残る

 鶯張廊下
 江戸時代初期の大工・彫刻師 左甚五郎が造ったものといわれる

 <庭園>
 小堀遠州の作
 豊臣秀吉を祀る(豊国廟)がある阿弥陀ケ峯を遠景とされている

 <白衣辨財天
 <大聖歓喜天>

 <白鷹龍神>
 白鷹龍神・白玉明神・赤桃明神が合祀されている

 <ヤマモモ(京都市指定保存樹)>
 双幹の半球形の雄大な樹形のやまもも
 豊臣秀吉が、伏見桃山城内に手植えしたものを、後年、この地に植え替えられたもの



【養源院の寺宝】

 <着色 杉戸絵 八面(重要文化財)>
 本堂の杉戸
 鳥居元忠らの霊を慰めるために、俵屋宗達が描いたもの
 表の「波」と裏の「麒麟図」の2枚4面
 表の「唐獅子図」と裏の「白象図」の2枚4面

 <金地着色 松図(まつず)十二面(重要文化財)>
 本堂「松の間」の襖絵
 松と岩だけが描かれた豪壮なもの
 襖8面、戸襖4面
 俵屋宗達の筆

【養源院の祭事】

 <大般若経会>
 1月、5月、9月の21日
 「一切は空である」との思想を説く諸経典を集成した「大般若経」全600巻を、御宝前で導師と出仕の僧4人で転読される
 商売繁盛のご利益があるといわれる



【養源院へのアクセス】

 市バス 博物館三十三間堂前 徒歩約5分
 市バス 東山七条 徒歩約5分
 京阪電車 七条駅 徒歩約10分


【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第8回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク