矢田寺(やたじ)(YataJi)

所在地:京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町   地図情報

西山浄土宗の寺院

山号:金剛山(こんごうさん)

本尊:地蔵菩薩

開山:満慶上人(まんけいしょうにん)

通称:矢田地蔵尊(やたじぞうそん)

 矢田寺(やたじ)は、寺町通三条の繁華街の中に建つ小さな寺院

 六道珍皇寺の「迎え鐘」に対して、「送り鐘」と称される梵鐘がある

【矢田寺の歴史・経緯】



【矢田寺の寺宝】

 <地蔵菩薩(矢田地蔵)>
 本堂に安置されている本尊
 火焔の中に立つ高さ約2mの立像
 開山 満慶上人(まんけいしょうにん)が、冥土に行き、地獄で罪人を救っている地蔵の姿を見て彫刻したものといわれる
 「代受苦地蔵(だいじゅくじぞう)」と称され、地獄で救われる地蔵として信仰を集めている
 かつての六地蔵の一つ

 <しあわせ大日如来

 <梵鐘
 六道珍皇寺の「迎え鐘」に対して、「送り鐘」と称される
 死者の霊を迷わず冥土に送るために撞かれる
 一年を通じて精霊送りの参拝が行われている

 <紙本著色 矢田地蔵縁起(重要文化財)>
 室町時代のもの
 京都国立博物館に寄託されている

【矢田寺の祭事】

 <送り鐘>
 8月16日

 <かぼちゃ供養
 12月23日
 本堂前に回向された大かぼちゃが奉納され、それを撫でて中風除けや諸病退散を祈願される
 冬至にかぼちゃを食べると、1年間無病息災で過ごせるといわれる

【その他】

 矢田地蔵の岩田帯で安産祈願がされる

【矢田寺へのアクセス】

 京阪本線 三条駅 徒歩約5分


【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク