東林院(とうりんいん)(TourinIn)


所在地:京都市右京区花園妙心寺町   地図情報

臨済宗妙心寺塔頭

開基:細川氏綱(ほそかわうじつな)

通称:沙羅双樹の寺(さらそうじゅのてら)

【東林院の歴史・経緯】


【東林院の伽藍】

 <書院>
 <庫裡>

 <沙羅林
 本堂前庭に沙羅の木が10本ほど立っている
 樹齢60年ほど高さ15mほどのものもある
 この「沙羅の木」は、夏椿(なつつばき)の別名で、釈迦が入滅したところにあった沙羅双樹の木とは別種
 夏椿は、朝に咲いて、夕方には花の形のままで散る1日花で、「はかなさ」の象徴にされる
 2006年(皇紀2666)平成18年
 樹齢約350年、高さ15mほどの根回り1.5mの幹が二又に分かれた銘木が枯れ、上部の木で作られた数珠がかけられる
 2世の若木、8本が植えられる

 <書院庭園>
 苔と白砂で蓬莱の世界を表現した庭園

 <中庭>
 「千両の庭」と称され、正月には赤や黄の実を付ける

 <山田無文老大師の歌碑>
 佛さへ 身まかりませし花の色 見ていま沙羅に おもえ諸人

 <梔子(くちなし)
 山門を入ったところにある

 <紫陽花(あじさい)
 参道にある

 <羅漢槇(らかんまき)>
 本堂手前の庭にある
 樹齢約250年



【東林院の寺宝】

 <山名豊国像>

【その他】

 <精進料理>
 現在は、宿坊として精進料理が賞味できる
 現住職 西川玄坊は、精進料理研究家として著名

 <沙羅の花を愛でる会>
 6月

【東林院へのアクセス】

 市バス 妙心寺前 徒歩約5分
 市バス 妙心寺北門前 徒歩約10分
 JR山陰線 花園駅 徒歩約10分
 京福電車 妙心寺駅 徒歩約15分


【京都検定 第1回3級】

33.妙心寺について、次のことは正しいかどうか?
(エ)妙心寺の塔頭の東林院は、沙羅双樹のお寺として知られている

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第7回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]

[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク