東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)

約4万点におよぶ古文書群

年代:奈良時代から江戸時代末期

文化財指定:国宝(24,067通)および重要文化財(その他全て)

所蔵:東寺京都府立総合資料館・京都大学文学部博物館

 東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)は、教王護国寺(東寺)に伝来する約4万点におよぶ古文書群
 全て重要文化財であり、24,067通が国宝に指定されている

 平安時代末期から室町時代にかけて東寺により組織的に収集・保管・保存される
 約30ヶ国70数ヶ所におよぶ東寺領荘園に関する文書を数多く含んでいる
 掛軸・巻物などに改装されずに作成当初の形態を保ったままの形で、原形がよく保存されている貴重なもの

 これらの「東寺文書」は、
京都府立総合資料館に所蔵されている「東寺百合文書」と、
東寺に現存する「東寺文書」と、
京都大学文学部博物館に所蔵されている「教王護国寺文書」などに分かれている

【東寺百合文書の経緯】



【京都検定 第4回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク