渉成園(しょうせいえん)(SyouseiEn)


所在地:京都市下京区下珠数屋町通間之町東入ル東玉水町   地図情報

浄土真宗真宗大谷派の本山東本願寺(真宗本廟)の飛地境内地

広さ:約200m四方の正方形、3.4ha

西は間之町通、東は河原町通、北は上珠数屋町通、南は下珠数屋町通に接する

通称:枳殻邸(きこくてい)

国の名勝

 渉成園(しょうせいえん)は、東本願寺の約150m東にある飛地境内地

 徳川家光によって現在の土地が寄進され、石川丈山により作庭された池泉回遊式の庭園

 中国六朝時代の詩人 陶淵明の「園日渉而成趣」の詞にちなみ「渉成園」と名付けられる
 周囲には、枳殻(からたち)が植えてあったことから「枳殻邸(きこくてい)」とも称される

 春は・馬酔木(あしび)・雪柳、夏は紫陽花(あじさい)杜若・菖蒲・睡蓮
 秋には紅葉と四季折々の風情を楽しむことがでる

 平安時代初期に、嵯峨天皇の皇子 左大臣 源融が、奥州塩釜の風景を偲んで、
難波から海水を運ばせて六条河原院苑池(ろくじょうかわらのいんえんち)を造営した遺構

 付近には、「塩竈町」や「塩小路通」などの地名が残る



【渉成園の歴史・経緯】




【渉成園の伽藍】

 元は、鴨川までの広大な敷地があったが、現在は、約200m四方となっている

 「印月池(いんげつち)」と称する広い池を中心に、池には島を浮かべて石橋や土橋で結び、
周囲には樹木を茂らせ、源融をしのぶ名所も作られ、平安朝の面影が再現されている

 <渉成園十三景>
 1827年(皇紀2487)文政10年
 頼山陽により選ばれている

 <高石垣(たかいしがき)>
 正門を入って直ぐ目の前にある
 長い切石など、様々な素材の石を組み合せて築かれている

 <侵雪橋(しんせつきょう)>
 <紫藤岸(しとうがん)>

 <茶室 蘆庵(ろあん)>
 二階建の茶室
 前庭の露地には珍しい形の中門が立っている
 1957年(皇紀2617)昭和32年の再建

 <亀石井戸(かめいしいど)>
 上から見ると亀のように石組みされている
 現在は水が枯れているが、かつて茶会が催されたときに用いられていた井戸

 <印月池(いんげつち)>
 渉成園の中心となっている広い池
 東山から登る月が水面に写るという
 琵琶湖疏水から水が引かれている

 <南大島>
 印月池の島
 かつて、鐘楼・臥龍堂があったことから「臥龍堂」と称される

 <園林堂(おんりんどう)>
 第21世 厳如の持仏堂
 1957年(皇紀2617)昭和32年の再建
 翌年、棟方志功により42面の襖絵が描かれている

 <茶室 漱枕居(そうちんきょ)>
 印月池の西南に、水上に乗り出すように建てられている
 丸太柱で軽快な入母屋造・柿葺屋根
 四畳半、三畳敷の座敷、土間から成る
 三畳敷の座敷の東には、左右に手摺を付した縁が張り出している
 四畳半は、池に面して、肘掛窓が2つあり、船の中にいるような感じを受ける

 <大書院 ろう風亭(ろうふうてい)>
 殿舎の南端の大書院
 寄棟造桟瓦葺で、銅板葺の軒が出ている

 <茶室 縮遠亭(しゅくえんてい)>
 五松塢の高所に建つ
 前面の土間から奥へ二畳台目向板、台目切の茶室、二本襖を隔てて長四畳が続く
 そこから斜めに上段の間が連結されている
 三畳敷の上段は、床を高く支えた舞台造りになっている
 傍らには、石造宝塔塔身を利用した塩釜の袈裟型手水鉢がある
 1884年(皇紀2544)明治17年頃の再建

 <回棹廊(かいとうろう)>
 五松塢の北から対岸に渡る、左右に低い高欄が付いた廊橋
 桧皮葺・切妻造・唐破風屋根、天井部には掛け釘が設けられている
 1884年(皇紀2544)明治17年頃の再建

 <丹楓渓(たんぷうけい)>
 回棹廊の北
 楓の紅葉の名所

 <傍花閣(ぼうかかく)>
 園林堂の東側に、東向きに建てられている望楼を兼ねた門
 二階建て入母屋造・柿葺屋根
 左右の側面に、高欄・屋根付きの階段がある山廊が付設している
 階上は、四畳半

 <茶室 代笠席(たいりつせき)>
 北部の生垣に囲まれた一画に、南向きに建つ
 寄棟造桟瓦葺屋根
 四畳半の二室が東西に並んでいる

 <滴翠軒(てきすいけん)>
 殿舎の北端に、西側の小池に南面して建っている
 寄棟造桟瓦葺、軒廻りは銅板葺
 1884年(皇紀2544)明治17年頃の再建

 <臨池亭(りんちてい)>
 滴翠軒の南側に、廊下で連なって、小池に向かって東向に建つ
 八畳二間と入側から成る
 東側の全面に一間の濡縁を水上に張り出している
 池の右奥には小滝がある
 1884年(皇紀2544)明治17年頃の再建

 <多層塔>
 源融の供養塔といわれる



【渉成園へのアクセス】

 市バス 烏丸七条 徒歩約5分
 京阪電車 七条駅 徒歩約10分
 地下鉄 五条駅 徒歩約10分
 JR京都駅 徒歩約10分


【京都検定 第1回3級】

60.東本願寺の別邸である渉城園は誰から与えられた地に作られたか?

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第10回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク