相国寺(しょうこくじ)(SyoukokuJi)

正式名称:相国承天禅寺(しょうこくじょうてんぜんじ)

所在地:京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町   地図情報

臨済宗相国寺派大本山

山号:万年山(まんねんざん)

本尊:釈迦如来

創建:足利義満

勧請開山:夢窓疎石(むそうそせき)

初代住職:春屋妙葩(しゅんおくみょうは)

中興の祖:西笑承兌(せいしょうじょうたい)

 相国寺(しょうこくじ)は、足利将軍家ゆかりの禅寺
 京都五山の第2位にあり、五山文学の中心地
 山内に禅宗寺院を統制管理する僧録司を置き、禅宗行政の中心的存在
 画僧周文や雪舟を輩出している

 金閣寺(鹿苑寺)銀閣寺(慈照寺)は、相国寺の境外塔頭である

相国寺の写真集

【相国寺の歴史・経緯】


【相国寺の伽藍】

 京都御所の真北に位置し、同志社大学に隣接する
 最盛期の寺域は、東は寺町通、西は大宮通、南は一条通、北は上御霊神社との境までの広さがあった

 応仁の乱天明の大火により、三門と仏殿が焼失し、再建されることがなかった

 かつては、勅使門−天界橋−三門−仏殿−法堂−唐門−方丈と一直線に並び、方丈の東側に庫裏が続いて建つ、
禅宗様式の伽藍配置がされていた

 <法堂(はっとう)附玄関廊(重要文化財)>
 1605年(皇紀2265)慶長10年
 豊臣秀頼の寄進により、5回目の再建がされる
 法堂建築としては日本最古で最大の規模の遺構
 現在は、仏殿をも兼ねている
 正面28.72m、側面22.80m
 鏡天井の雲龍図「蟠龍図」は、狩野光信の筆で、特定の場所で手を打つと反響するため「鳴き龍」と称される
 円相内に龍が、円相外に雲が画かれている

 <開山塔(開山堂)>
 開山 夢窓疎石の像が安置されている
 「一名円明塔」と称される
 1807年(皇紀2467)文化4年に
 桃園天皇の皇后 恭礼門院の御殿を移築したもの
 前庭には、かつて今出川の一部であった水が流れており、「龍渕水」と称されていた

 <方丈>
 法堂の北、堀に囲まれて、唐門から中に入り、南面して建つ
 東側には、庫裏に続いている
 1807年(皇紀2467)文化4年に再建されたもの
 桁行25m、梁間16mと、方丈としては大建築物

 <庫裏(くり)>
 「香積院」と称される
 切妻妻入、大きい破風を持つ
 1807年(皇紀2467)文化4年に再建されたもの

 <総門>
 <勅使門>
 <天界橋>

 <唐門>
 方丈正面の平唐門
 一間一戸の四脚門
 屋根には、曲面をなす唐破風(からはふ)が用いられている
 1841年(皇紀2501)天保12年の再建

 <経蔵>
 1859年(皇紀2519)安政6年
 相国寺第120世 盈冲和尚により寄進される
 高麗版一切経が納められている

 <後水尾帝歯髪塚>
 1653年(皇紀2313)承応2年
 後水尾上皇が、焼失した大塔を再建されたとき、出家落髪の時の髪と歯を上層柱心に納められる
 1788年(皇紀2448)天明8年
 天明の大火で焼失し、その跡地に歯髪塚が建てられたもの

 <鐘楼>
 「洪音楼」と称される袴腰付鐘楼
 1545年(皇紀2205)天文14年の再建

 <宣明(せんみょう)>
 浴室のこと
 蒸気浴をしながら、柄杓(ひしゃく)でお湯をかけて入浴したといわれる
 1400年(皇紀2060)応永7年頃の創建
 1596年(皇紀2256)慶長元年
 現在の建物が再建される
 2002年(皇紀2662)平成14年6月
 復元修復される
 「首楞厳経」によると
 16人の菩薩が風呂の供養を受けた際、菩薩達が忽然として自己と水が一如であることを悟り、
 跋陀婆羅菩薩が「妙觸宣明、成仏子住」と話されたと記されている
 この故事にならい、禅宗寺院の浴室は、「宣明」と称され、跋陀婆羅菩薩が祀られる
 禅宗では、「威儀即仏法」といい、日常の行いのすべてが修行の場でありる
 浴室も、修行の上で「心」と「体」の垢を落とす重要な役割を果たしている
 「宣明」を称せられるのは、皇室と将軍家に限られ、相国寺の浴室も足利義満が創建したことから「宣明」と称せられる

 <法然水>
 相国寺の地にあった功徳院神宮寺の庭池の水の名残
 功徳院神宮寺には、浄土宗開祖 法然上人が住し、閼伽水(あかすい)をくんだといわれる井戸
 記念碑も建てられている

 <三門礎石>
 勅使門から天界橋を渡り、法堂に向かうまでにある
 1788年(皇紀2448)天明8年
 天明の大火で焼失した三門跡に、数個の礎石が残されている

 <仏殿跡>
 三門跡から法堂に向かうまでにある
 1551年(皇紀2211)天文20年
 石橋の乱で焼失
 再建されず、礎石だけが残されている

 <七重大塔
 高さ109mもあった塔があったが落雷で焼失する

 <宗旦稲荷社
 相国寺の内に住みついて、茶の湯の宗匠である千宗旦に化けていた古狐を祀った社
 「宗旦狐」と名付けて、化かされて遊んだという故事が残る

 <鎮守>
 八幡宮
 かつて御所八幡町にあったのを還座されたもの

 <承天閣美術館
 相国寺と金閣寺などの関連寺院の文化財を収蔵展示される
 1984年(皇紀2644)昭和59年の開館


【相国寺の塔頭

 <玉龍院
 <光源院

 <慈雲院
 主要伽藍のある境内から少し北に離れたところに建つ

 <慈照院

 <瑞春院
 ここで修行した作家 水上勉の直木賞受賞作「雁の寺」の舞台

 <大光明寺
 後伏見天皇の菩提寺として創建された、伏見宮の菩提所

 <大通院>
 <長得院
 <普廣院>

 <豊光寺
 豊臣秀吉の追善のために建立される

 <養源院
 常光国師 空谷明応(くうこくみんのう)の法嗣 曇仲道芳(どんちゅうどうぼう)の菩提寺

 <林光院
 庭園に名梅「鶯宿梅」があり、境外墓地に薩藩戦死者墓がある


【相国寺の寺宝】

 <無学祖元墨蹟(国宝)>

 <紙本墨画猿猴竹林図(重要文化財)>
 六曲屏風
 長谷川等伯の筆

 <絹本墨画淡彩鳳凰図(重要文化財)>
 林良の筆


【その他】

 <相国寺の声明面(しょうみょうずら)
 初代住職の春屋妙葩(しゅんおくみょうは)は、元国より渡来した名禅僧の笠仙禅師や清拙禅師から元の朝風の回向文や
諷経の曲調を学び、生まれ持った美声とあいまって、独自の声明をあみ出した
 その後、相国寺の僧達に、お経や回向文の曲節の美しさが伝承される
 「相国寺の梵唄(ぼんばい)」とも称される


相国寺の写真集

【相国寺へのアクセス】

 地下鉄 今出川駅 徒歩約5分
 市バス 同志社前 徒歩約5分


【京都検定 第1回3級】

87.お茶の宗匠に化けてお手前を披露したといわれる、相国寺境内に住んでいた狐を何と称する?

【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第10回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

写真集のページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク