詩仙堂(しせんどう)(ShisenDou)


正式名称:詩仙堂 丈山寺 凹凸か(おうとつか)

所在地:京都市左京区一乗寺門口町   地図情報

曹洞宗永平寺派の寺院

山号:六六山

本尊:馬郎婦観音(めろうふかんのん)

創建:石川丈山

 詩仙堂(しせんどう)は、徳川家の家臣 石川丈山が隠居のため造営した山荘
 中国の詩仙36人の肖像を掲げた「詩仙の間」から「詩仙堂」と称されるようになる

 詩仙堂全域が、国の史跡に指定されている


【詩仙堂の歴史・経緯】




【詩仙堂の伽藍】

 <詩仙堂の詩仙の間>
 石川丈山は、日本の三十六歌仙にならい、林羅山の意見を求めながら、中国の漢晋唐宋の各時代から詩人を36人選び、
狩野探幽狩野尚信に彼らの肖像を描かせ、詩仙堂の詩仙の間の四方の壁に掲げた
 これが「詩仙堂」の名前の由来となる
 石川丈山自らも各詩人の歌を墨書きして、その額を掲げた

 詩仙の間は、至楽巣(しらくそう)・躍淵軒(やくえんけん)・嘯月楼(しょうげつろう)の部屋からなる凹凸か(おうとつか)にある
 「凹凸か」とは、でこぼこの土地に建てられた住居のことであり、建物や庭園は山の斜面に沿って作られている

 <凹凸か十境>
 石川丈山が選んだ、詩仙の間や建物、庭の10個の要素
 入口に建つ「小有洞の門」
 参道を登りつめたところに建つ「老梅関の門」
 詩仙堂(詩仙の間)
 読書室である「猟芸巣(りょうげいそう)」 「至楽巣」とも称される
 堂上の「嘯月楼(しょうげつろう)」
 至楽巣の脇の井戸「膏盲泉(こうこうせん)」
 持童の間「躍淵軒(やくえんけん)」
 蒙昧を洗いさる滝「洗蒙瀑(せんもうばく)」
 滝が流れ込む池「流葉はく」
 下の庭に百花を配した「百花塢(ひゃっかのう)」

 <庭園
 庭園造りの名手でもある石川丈山自身により設計された唐様庭園(からようていえん)
 白砂と丸みを帯びて刈り込まれた躑躅(ツツジ)の刈り込みは、大海と連山を表すといわれる

 洗蒙瀑(せんもうばく)
 詩仙堂の東南にある滝に見立てた水の流れ

 添水(そうず)
 「山田の僧都(そうず)」は、「鹿おどし」と称される大きな音が出る仕掛けにより、鹿や猪の進入を防ぐためのもの
 石川丈山が考案したといわれ、静寂な庭のアクセントになっており石川丈山好み

 庭園は、藤、花菖蒲杜若紫陽花(あじさい)、山茶花など四季折々に楽しむことができる
 5月中旬〜6月上旬
 白砂に皐月(さつき)の刈り込みが絶品の景観となる名所
 花菖蒲(はなしょうぶ)の見所
 6月中旬
 ガクアジサイの見所
 秋(11月下旬)の紅葉が有名

 <残月軒>

【詩仙堂の行事】

 <丈山忌> 5月23日



【詩仙堂へのアクセス】

 市バス 一乗寺下り松町 東へ徒歩約300m
 叡山電車 一乗寺駅 東へ約600m


【京都検定 第1回3級】

15.徳川家康の側近であった石川丈山が、隠居所として建てた草庵に始まる寺院はどこか?

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第8回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク