神泉苑(しんせんえん)(ShinsennEn)

所在地:京都市中京区御池通神泉苑町東入門前町   地図情報

真言宗の東寺派の寺院

本尊:聖観世音菩薩

創建:弘法大師 空海

開山:弘法大師 空海

中興の祖:快雅(かいが)

通称名称:しぜんさん、ひぜんさん、ひでんさん

 神泉苑(しんせんえん)は、平安京が造営されたときに大内裏の南に造営された禁苑で、折雨の道場だった

 神泉苑全域が、国の史跡に指定されている

 11月上旬〜1月下旬は、山茶花(さざんか)の名所

【神泉苑の歴史・経緯】



【神泉苑の伽藍】

 境内は、国の史跡に指定されている

 <本堂>
 聖観世音菩薩が安置されている

 <法成橋(ほうじょうはし)>
 法成就池に架かる朱塗りの橋  心に一つだけ願いを念じながら渡ると叶えられるといわれる

 <善女竜王社(ぜんにょりゅうおうしゃ)>
 空海が勧請した雨と水の神様「善女龍王」が祀られる

 <恵方社(えほうしゃ)>
 日本で唯一の恵方社
 毎年、方角を変えて歳徳神が祀られている
 この恵方社に向かって礼拝することで、その年の恵方を向いて参拝することになる

 <弁天堂>
 <鎮守稲荷社>

 <狂言堂>
 神泉苑大念仏狂言が行われる


【神泉苑の文化財】

 <木造不動明王坐像(重要文化財)>

【神泉苑の祭事】

 <神泉苑祭>
 5月1日から4日
 狂言堂で、神泉苑大念仏狂言が上演公開される

【その他】

 <御池通
 大きな池があった神泉苑の横を通っていたため「御池通」と名付けられたといわれる

 <故事>
 源義経と静御前が出会った所といわれる

 <石碑>
 地下鉄工事の際に、
 二条城の南(押小路堀川東入ル)に、かつての神泉苑の東端を示す石碑が発見された

 <謡曲「鷺」>
 「源平盛衰記」によると、神泉苑の池には野鳥が水鳥が多く棲んでいたとされ、
 醍醐天皇の宣旨に、鷺も羽をたたんでかしこまったといわれる
 このとき、醍醐天皇より五位の位を賜り「五位鷺」と称される

 <鷺(さぎ)>
 神泉苑が舞台の能の演目

【神泉苑へのアクセス】

 市バス・京都バス 神泉苑前 徒歩すぐ
 地下鉄 二条城前 徒歩約3分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 二条駅 徒歩約10分


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第13回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第9回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク