志明院(しみょういん)(ShimyouIn)

正式名称:金光峯寺(きんこうほうじ)志明院

所在地:京都市北区雲ケ畑出谷町   地図情報

岩屋山不動教(いわやさんふどうきょう)の本山

山号:岩屋山

本尊:不動明王

創建:役の行者

中興の祖:弘法大師 空海

通称:岩屋不動(いわやふどう)、岩屋山志明院(いわやさんしみょういん)

 志明院(しみょういん)は、洛北の雲ケ畑の険しい山中にある寺院

 日本最古の不動明王顕現の神秘霊峯といわれ、
 諸堂が点在していて、岩屋山全体が修験(しゅうけん)の山岳道場となっている

 境内には、奇岩や怪石が多い

 洞窟の湧水が鴨川の水源地でもあり、皇室の篤い崇敬を受け、
水神が祀られ、清浄な鴨川の用水を祈願されたといわれる

 京都市指定天然記念物に指定されている石楠花林は、4月下旬から5月上旬の名所

【志明院の歴史・経緯】


【志明院の伽藍】

 <神降窟(しんこうくつ)>
 「護摩洞窟」とも称される
 高さ約30mの大岩窟
 洞窟の湧き水が鴨川の水源となることから、
 神聖視されて、皇室の崇敬も深く、水神が祀られ、清浄な鴨川の御用水を祈願された

 水の伝説として有名な歌舞伎十八番「鳴神(なるかみ)」の鳴神上人が、龍神を閉じこめた所といわれる

 <石楠花林京都市指定天然記念物)>
 4月下旬から5月上旬が見ごろとなる名所
 樹齢は、約100年ぐらいといわれる

【志明院の寺宝】

 <不動明王
 本尊
 淳和天皇の勅願により、弘法大師 空海が自ら彫ったものといわれる

 <眼力不動明王
 根本中院の本尊
 宇多天皇の勅願により、菅原道真による一刀三礼の彫刻といわれる
 秘仏とされ、天皇の即位のときに勅使を迎え開扉され、宝祚延長、万民安穩の祈願が行われた

【志明院の祭事】

 <志明院大祭(しみょういんたいさい)>
 4月29日
 「石楠花祭(しゃくなげさい)」とも称せられる
 大法要が行われる
 山伏姿の男女行者らが、錫杖を手に般若心経を唱える中、住職により柴灯大護摩に護摩木が投じられる
 残り炭がくすぶる中を、住職を先頭に信者が無病息災を祈願して裸足で火渡りが行われる

【その他】

 <鳴神(なるかみ)
 水の伝説として有名な歌舞伎十八番の演目
 鳴神上人が、龍神を閉じこめたといわれる

【志明院へのアクセス】

 京都バス 岩屋橋 徒歩1.2km


【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第2回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク