三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)(SanjyuusangenDou)

正式名称:蓮華王院(れんげおういん)

所在地:京都市東山区三十三間堂廻り町657   地図情報

天台宗の寺院

山号:なし

本尊:千手観音

開基:後白河上皇

創建:平清盛

洛陽三十三所観音巡礼第十七番札所(十一面千手千眼観音菩薩) 第十八番札所へ

 三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は、京都国立博物館の近く、東山七条にある寺院

 妙法院により所有、管理されている境外仏堂

 「三十三間堂」の名前は、本堂の母屋正面の柱間の数が33あることに由来する
 南北に約120mあり、木造建築では世界一の長さといわれる

【三十三間堂の歴史・経緯】



【三十三間堂の伽藍】

 本堂(国宝)のほか、築地塀(重要文化財)、南大門(重要文化財)を残すのみとなっている

 <本堂(国宝)>
 <築地塀(つきじべい)(重要文化財)>
 <南大門(重要文化財)>
 <法然塔(ほうねんとう)(名号石)>
 <夜泣地蔵>
 <夜泣泉(よなきせん)>
 <鐘桜>
 <久勢稲荷大明神>


【三十三間堂の寺宝】

 <木造千手観音坐像(国宝)
 <風神・雷神像(国宝)>
 <二十八部衆像(国宝)
 <十一面千手千眼観音(じゅういちめんせんじゅせんげんかんぜおん)立像1,001躯(重要文化財)>



【三十三間堂の祭事】

 <楊枝のお加持大法要
 1月15日前後の日曜日
 三十三間堂で最大の縁日
 浄水に柳の枝を浸してその水を信者の頭上に振りかける
 頭痛封じにご利益がある

 通し矢(とおしや)
 弓引き初め
 三十三間堂に沿って60mの射場で矢を放ち通す
 江戸時代
 各藩の弓術家により、本堂背面の縁側の南端から北端の的に向けて(約120m)、一昼夜のうちに何本矢を通せたかを
競ったといわれる

 <3月3日>
 2005年(皇紀2665)平成17年より
 三十三間堂の名前にちなみ「3」が並ぶ3月3日を無料拝観日にされる
 華道池坊の献花法要などが行われる

【御詠歌】

 「かぞふれば ながきみそじの みつのまに みのりのこへも かずまさりして」

【その他】

 <ミシュラン観光ガイドブック
 フランスのタイヤメーカのミシュラン社が発行する観光ガイドブックにおいて、
三十三間堂と、その「千手観音坐像」が、三つ星の評価を得ている

 <JR東海「そうだ 京都、行こう。」
 1993年(皇紀2653)平成5年の冬のキャンペーンで、
 「修学旅行のときは、「仏像が1001体、それがどうした」ってかんじでしたが。。。」 と紹介される

【アクセス】

 市バス 博物館三十三間堂前 徒歩2分
 京阪電車 七条 徒歩5分
 京都駅 徒歩20分


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第7回1級】



[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク