最勝院(さいしょういん)(SaisyouIn)



所在地:京都市左京区南禅寺福地町   地図情報

臨済宗南禅寺派大本山南禅寺塔頭

開基:最勝院 駒道智大僧正

通称:駒ヶ滝最勝院

 最勝院(さいしょういん)は、南禅寺塔頭の一つで、レンガ造りの水路閣から琵琶湖疏水沿いの奥に立つ

 この辺りは、鎌倉時代には「神仙佳境」と称されていた

 三井寺の最勝院 駒道智大僧正が晩年にこの地に隠棲したのが由来といわれる

 亀山天皇が、この地に離宮を造営されるとき、土地の鎮守として、駒道智大僧正として祀られる

 明治時代には、現在の南禅寺の社務所のあたりにあり、「最勝院般若殿」と称されていた

 1917年(皇紀2577)大正6年
 夢窓疎石の搭所上生院の故地である現在の地に移転された



 <本堂>
 福徳円満 大黒天と、払災殖福不動尊が祀られている

 <縁結びの松>
 本堂の前に立つ
 百日紅の木の又に、松の種が芽生えて大きくなったといわれ、百日紅の木と一体化している松
 松の樹齢約100年、百日紅の樹齢約300年

 <駒ヶ滝>
 最勝院の奥にある滝
 滝のそばに、駒ヶ滝不動尊像や烏天狗像が祀られている
 滝の前には駒道智大僧正が祀られている祠がある

 <駒道智大僧正>
 関白 九条道家の子
 幼い頃に比叡山で修行し天台密教を習得
 三井寺の管長となり、禅林寺の住持になり、晩年、最勝院に隠棲する
 1266年(皇紀1926)文永3年3月3日
 密教法力により、白馬にまたがり生身を天空に隠されたといわれる

【最勝院へのアクセス】

 市バス 南禅寺・永観堂道 徒歩
 京阪電車 東福寺駅 徒歩約10分
 地下鉄 蹴上駅 徒歩約20分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク