西翁院(さいおういん)(SaiouIn)

所在地:京都市左京区黒谷町   地図情報

浄土宗金戒光明寺塔頭

本尊:阿弥陀如来

開基:藤村源兵衛 西翁院 宗徳居士

開山:明蓮社光誉清玄上人

 西翁院(さいおういん)は、黒谷にある浄土宗金戒光明寺塔頭

【西翁院の歴史・経緯】


【西翁院の伽藍】

 <本堂(書院)>

 <茶室「澱看席」(重要文化財)
 1685年(皇紀2345)貞享2年から1686年(皇紀2346)貞享3年の頃
 藤村庸軒によって建立される
 「澱看」とは、遠望できる景勝の地にあり、南の窓から淀川を眺められることで名付けられる

【西翁院の寺宝】

 <阿弥陀如来>
 春日局作の本尊

【その他】

 <藤村庸軒(ふじむらようけん)>
 千宗旦の直弟子で、宗旦四天王の一人、表千家の流れをくむ庸軒流茶道の開祖
 元の名は、久田当直(くぼたまさなお)で、宗徳居士の後嗣 宗佐の養子となった
 「微翁」「庸軒」「反古庵」とも称した
 庸軒の茶室には書院式と侘形式とをあわせ、織部の弟子 笹屋宗貞の中襖の茶室を模したことから、
茶室「宗貞囲(そうていがこい)の席」ともいわれる

【西翁院へのアクセス】

 市バス 東天王町・岡崎道・岡崎神社前 徒歩5分


【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク