廬山寺(ろざんじ)(RozanJi)

正式名称:廬山天台講寺(ろざんてんだいこうじ)

所在地:京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町   地図情報

圓浄宗(えんじょうしゅう)(天台宗系)の本山

山号:日本廬山

本尊:阿弥陀如来

創建:開祖 慈恵大師 良源

準門跡(摂家門跡)

洛陽三十三所観音巡礼第三十二番札所(如意輪観音菩薩) 第三十三番札所へ

京都七福神3番(毘沙門天

 廬山寺(ろざんじ)は、京都御苑の東の寺町通梨木神社の向かいにある寺院

 紫式部の邸宅跡で「源氏物語」の執筆地として伝えられ、源氏の庭には「紫式部邸宅跡」の石碑が立つ

 皇室直属の御黒戸四ヶ院の中で唯一現存する摂家門跡寺院

 2月3日の節分会では、鬼おどりなど「鬼の法楽」が行われる

【廬山寺の歴史・経緯】





【廬山寺の伽藍】

 現在の宇堂は、1788年(皇紀2448)天明8年の「天明の大火」による焼失以降のもの

 <本堂>
 光格天皇の勅命で仙洞御所から移築されたものといわれる
 本尊の阿弥陀三尊(阿弥陀如来・右脇侍勢至菩薩・左脇侍観音菩薩)が祀られている

 <元三大師堂>
 参道正面に建つ
 本尊の元三大師(慈恵大師 良源)が祀られている
 毘沙門天(京都七福神の一つ)・薬師如来像・不動明王像なども安置されている

 <御黒戸>
 通称「尊牌殿」と称される
 光格天皇の勅命で仙洞御所から移築されたものといわれる

 <源氏の庭>
 本堂の庭園
 一面の白砂と苔の色の鮮やかなコントラストが美しい枯山水庭園
 6月上旬〜9月上旬には、桔梗(ききょう)の一群が咲く名所
 「紫式部邸宅址」の石碑が立っている

 <筆塚>

 <紫式部歌碑

 <御土居
 境内に、豊臣秀吉による御土居の一部が現存する

 <御陵>
 慶光天皇(光格天皇の父親)の御陵
 宝蓮華院宮(明治天皇の妹)の御陵
 仏師 定朝のお墓


【廬山寺の寺宝】

 <阿弥陀三尊>
 本尊に祀られている阿弥陀如来・右脇侍勢至菩薩・左脇侍観音菩薩
 恵心僧都(えしんそうず)の作といわれる

 <木造 如意輪観音半跏像(重要文化財)>
 創建当時のものは、聖徳太子が開基した全国四ヶ所の天王寺の一つの金山天王寺の本尊であったもの
 当初のものは、数度の火災により焼失する
 現在のものは、鎌倉時代の作
 1207年(皇紀1867)建永2年
 烏丸一条北に再建されたときに、本尊として、当初のものを模倣造立された
 飛鳥仏の容貌を残す貴重なもの
 京都国立博物館に委託されている

 <慈恵大師筆遺告状(じえだいしひつゆいごうじょう)(国宝)>
 東京国立博物館に寄託されている

 <絹本著色 普賢十羅刹女像(重要文化財)>
 <後伏見天皇宸翰願文(重要文化財)>
 <正親町天皇宸翰女房奉書(重要文化財)>
 <慈恵大師廿六箇条起請(重要文化財)>
 <法然上人選択集(重要文化財)>
 <源氏貝合せ>


【廬山寺の祭事】

 <追儺式鬼法楽
 2月3日の節分会で「鬼おどり」が行われる
 慈恵大師 良源が、護摩供の修行中に邪魔してきた鬼を、豆を撒いて退散させたという故事に由来する
 松明(たいまつ)や剣を持ってお堂の中で暴れ回り護摩供を邪魔する赤鬼や青鬼・黒鬼に紅白の餅と豆を投げ、
追儺師が邪気払いの法弓で四方に矢を放ち、鬼たちを退散させる
 鬼たちは、「どん欲」「怒り」「愚痴」の三つの煩悩を表したものといわれる

【廬山寺の御詠歌】

 「これもまた くらいもたかき てんのうじ さながらにはや くもいなるらん」

【廬山寺へのアクセス】

 市バス 府立医大病院前 徒歩約5分
 京阪電車 出町柳駅・神宮丸太町駅 徒歩約10分


【京都検定 第1回3級】

16.紫式部の邸宅跡として伝えられ、「鬼の法楽」の名で知られる節分会の行われる寺院はどこか?

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第4回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク