愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)(OtagiNennbutsuJi)


所在地:京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町   地図情報

天台宗の寺院

山号:等覚山(とうかくざん)

本尊:厄除千手観音

開基:称徳天皇

中興の祖:阿闍梨伝燈大法師(あじゃりでんとうだいほうし)千観内供(せんかんないぐ)

別名:千二百羅漢の寺

 愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は、愛宕山の参道のふもとにある寺院

 平安時代より、厄除けの観音さまとして信仰を集める

 嵯峨野めぐりの始発点とされている

 4月中頃から5月上旬はシャガの花の名所、秋は紅葉の名所



【愛宕念仏寺の歴史・経緯】




【愛宕念仏寺の伽藍】

 <本堂(重要文化財)>
 本尊の千手観音が安置されている
 山腹が切り開らかれた台地に建っている
 方五間(ほうごけん)、単層入母屋造(いりおもやづくり)、本瓦葺の簡素な和様建築
 内部の天井は、繊細な小組格天井
 本尊の位置の天井は、二重折上小組格天井となっている
 鎌倉時代中期の再建
 1922年(皇紀2582)大正11年
 堂宇の保存のため、現在の嵯峨の地へ移築されてきたもの

 <地蔵堂>
 愛宕山の本地仏(ほんじぶつ)の火除地蔵菩薩が祀られている
 平安時代から、火之要慎(ひのようじん)のお礼参りがされる
 延命地蔵さんとしても親しまれている

 <仁王門>
 金剛力士像(仁王像)(京都市指定文化財)が立っている
 江戸時代中期の建立
 1981年(皇紀2641)昭和56年
 解体復元修理が行われる

 <石造 千二百羅漢>
 1981年(皇紀2641)昭和56年
 国家安泰を願って全国に発願され、賛同者により、それぞれの思いを込められ奉納された1200体の石造
 いろいろな表情や格好をした羅漢が安置されている

 <多宝塔>
 お説法をする姿の釈迦如来の石像が立っている
 左側には、伝教大師像が立っている

 <ふれあい観音堂>
 絵馬堂
 手で触れられることを喜んで下さる観音様が安置されている
 恋愛成就としても信仰されている

 <虚空蔵菩薩>
 智恵守りとして「十三まいり」「受験合格祈願」にもご利益があるといわれる

 <三宝の鐘>
 仏・法・僧の文字がそれぞれの鐘に刻まれている

 <羅漢洞>
 集会所としても利用されている
 蓮華蔵世界を描いた天井画がある
 住職だった仏像彫刻家 西村公朝作の十大弟子像、仏像仏画などが安置されている

 <三宝の松>
 山門の前に立つ

 <愛染橋>
 裏山に通じる小さな橋



【愛宕念仏寺の寺宝】

 <木造千観内供坐像(せんかんないぐざぞう)(重要文化財)>
 鎌倉時代の作
 京都国立博物館に寄託されている

【愛宕念仏寺の祭事】

 <縁日>
 毎月24日
 延命地蔵の法要が営まれる

 <息災護摩供>
 1月24日
 護摩木焚きが行われ、火除札・十六羅漢大神通力供祈攸御札が授与される

 <羅漢花祭り>
 4月第一日曜日
 誕生仏潅仏会、印度舞踊が奉納される
 虚空蔵菩薩福徳仏智御札が授与される

 <大般若転読会>
 7月24日
 大祈祷法要が行われる
 大般若加護祈攸御札が授与される

 <紅葉祭り・天狗の宴>
 11月第二日曜日
 天狗様から厄払いの御加持が受けられる
 ちびっこ明神太鼓が奉納される
 千観厄除札が授与される

【愛宕念仏寺へのアクセス】

 京都バス おたぎでら前 下車すぐ


【京都検定 第3回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク