南禅寺(なんぜんじ)(NanzenJi)

正式名称:太平興国南禅禅寺(たいへいこうこくなんぜんぜんじ)

所在地:京都市左京区南禅寺福地町   地図情報

臨済宗南禅寺派大本山

山号:瑞龍山(ずいりゅうざん)

本尊:釈迦牟尼仏

創建:亀山法皇

開山:大明国師 無関普門

中興:以心崇伝(黒衣の宰相)

俗称:南禅寺の武家面(ぶけづら)  次の寺面へ

 南禅寺(なんぜんじ)は、東山の北部、岡崎の東にある大きな寺院

 日本で最初の皇室の発願による創建された禅寺

 後醍醐天皇により京都五山の第一位とされ、足利義満により五山之上とする別格扱いの寺院で、日本の禅寺のなかで
最も高い格式を誇る


 武家の篤い信仰を得て「南禅寺の武家面(ぶけづら)」と称される

 山内のあちらこちらに楓(カエデ)があり、紅葉の名所となっている
 三門の周りと天授庵池泉回遊式庭園が見所
 9月中旬〜下旬は、彼岸花(ひがんばな)、10月下旬〜11月中旬は石蕗(つわぶき)の名所



【南禅寺の歴史・経緯】





【伽藍】

 南禅寺の境内全域が、国の史跡に指定されている

 伽藍は西を正面として勅使門、三門、法堂、方丈の伽藍が一直線に建ち、背後に東山がある
 伽藍の周辺には、12の塔頭が並ぶ

 <方丈(国宝
 <方丈庭園(名勝)>
 <勅使門(重要文化財)>
 <三門(重要文化財)
 <佐久間玄藩の片灯寵>
 <法堂(はっとう)
 <庫裏>
 <水路閣
 <波気都歌>


【南禅寺の塔頭

 <金地院
 勅使門の手前右側に位置する
 洛北鷹ヶ峯に大業和尚により創建され、以心崇伝によって現在の地に移築される
 小堀遠州の作庭の「鶴亀の庭」(国の特別名勝

 <南禅院
 亀山上皇の離宮「上の宮」跡に造られる
 亀山天皇の宸影を祀る檀那塔
 南禅寺の発祥の地といわれる

 <天授庵
 南禅寺の開山 無関普門の塔所
 細川幽斎によって再建される
 池泉回遊式庭園は、紅葉の名所で、ライトアップも行われている

 <聴松院
 湯豆腐がいただける

 <慈氏院
 達磨堂と称される

 <最勝院
 奥には、駒ヶ滝がある

 <南陽院
 <大寧軒
 <帰雲院>
 <真乗院>
 <高徳庵>
 <正因庵>
 <法皇寺>
 <正的院>
 など

 <光雲寺
 後の南禅寺開山 大明国師 無関普門が創建した境外塔頭
 東福門院 和子のゆかりの地

【南禅寺の寺宝】

 <南禅寺大方丈障壁画(重要文化財)>
 狩野永徳狩野派による共作
 1586年(皇紀2246)天正14年〜1591年(皇紀2251)天正19年頃の作品
 琴棋群仙図、二十四孝図の人物が、狩野永徳の筆であるといわれる

 <亀山天皇宸翰禅林寺御起願文案(国宝)>
 1299年(皇紀1959)永仁7年
 南禅寺創建の経緯が記されている

 <大明国師像(重要文化財)>



【その他】

 <近代京都文学 京都ゆかりの著書
 「黒い眼と茶色い眼」 徳富蘆花
 「楼門」         井上靖
 「月と狂言師」     谷崎潤一郎

 <湯豆腐>
 湯豆腐は、南禅寺周辺参道の勧進料理が起源といわれる

 <わらべうた>
 「ああ真如堂(しんど) 飯(めし)黒谷(食ろうだに)
    ここらでいっぷく 永観堂(ええかんどう) お茶漬けさらさら南禅寺(何膳じ)」

 真如堂金戒光明寺永観堂・南禅寺が登場する

【南禅寺へのアクセス】

 地下鉄 東西線 蹴上駅
 市バス 法勝寺町、南禅寺永観堂道前


【京都検定 第1回3級】

56.南禅寺の塔頭 金地院の「鶴亀の庭」を作庭したのは誰か?

【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第13回3級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第13回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第8回1級】

【京都検定 第9回1級】

【京都検定 第10回1級】

【京都検定 第13回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク