光悦寺(こうえつじ)(KouetsuJi)


所在地:京都市北区鷹峯光悦町   地図情報

日蓮宗の寺院

山号:大虚山(たいきょざん)

本尊:十界曼荼羅(じゅっかいまんだら)

開山:本法寺十二世 日慈(にちじ)

 光悦寺(こうえつじ)は、郊外北西部の鷹峰三山(鷹ヶ峰・鷲ヶ峰・天ヶ峰)の南麓にある寺院
 圓成寺の道をはさんだ真向かいに建つ

 この付近は、「寛永の三筆」と称された芸術家 本阿弥光悦の一族や、様々な工芸職人らが移り住み芸術村となったところ

 紅葉の名所、9月中旬〜下旬は、花の名所



【光悦寺の歴史・経緯】




【光悦寺の伽藍】

 高低差のある境内全体が庭園となっており、小道は生垣に囲まれ、楓の木がたくさん植えられている
 7つの茶室が点在する
 背後に鷹ヶ峰の山並みや京都市内が一望できる

 <本堂>
 <庫裡>

 <茶席 大虚庵>
 本阿弥光悦が、80歳で亡くなるまでの晩年を過ごしたとされるところ
 露地には石燈籠と本阿弥光悦遺愛の薄墨の手水鉢がある
 1915年(皇紀2575)大正4年の再建

 <光悦垣>
 大虚庵を囲む、竹を斜めに組んだ垣根
 竹を斜めに組み、徐々に高さの変る独特のもの
 牛が寝そべったように見えることから「臥牛垣(ねうしがき)」とも称される

 <茶席 三巴亭>
 <茶席 了寂軒>
 <茶席 徳友庵>
 <茶席 本阿弥庵>
 <茶席 騎牛庵>
 <茶席 自得庵>

 <妙秀庵>
 庫裡に接して建っている

 <翹秀軒(ぎょうしゅうけん)>
 前方に、鷹ヶ峰・鷲ヶ峰を一望におさめる景勝の地にある茶室

 <光悦堂>
 本阿弥光悦の木像や、多くの遺品が残されている

 <本阿弥光悦のお墓>

 <本阿弥一族のお墓>
 右から、養子 本阿弥光瑳、光瑳の息子(光悦の孫) 本阿弥光甫、本阿弥家一族の石碑が立っている


【光悦寺の寺宝】

 <木造光悦坐像>
 1913年(皇紀2573)大正2年
 高村光雲の作

【その他】

 <本阿弥家>
 本阿弥家は、代々、刀剣の鑑定・磨礪(とぎ)・浄拭(のごひ)を家職としていた
 京都の三長者(後藤・茶屋・角倉)に並ぶ富豪だったといわれる

 <鷹ヶ峰>
 鷹ヶ峰から、杉坂峠を越え中川への街道は、「山国道」「長坂越」とも称され、
丹波などから都への重要な都への街道だった
 鎌倉時代末期には、関所がおかれた
 江戸時代には、京の七口の長坂口となり、周山街道(福井県の若狭へ続く)への重要な物資の集散地として栄えた

【光悦寺へのアクセス】

 市バス 源光庵前 徒歩約3分


【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第12回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク