観音寺(かんのんじ)(kannonJi)

正式名称:大御堂観音寺(おおみどうかんのんじ)

所在地:京田辺市普賢寺下大門   地図情報

真言宗智山派の寺院

山号:息長山

本尊:十一面観音

開基:天武天皇

開山:義淵僧正

中興の祖:良弁僧正

 観音寺(かんのんじ)は、京田辺市普賢寺の田園地帯にある、ひっそりとした寺院

 春は、参道の桜と周囲の菜の花が一面に咲く

 元は普賢寺という大きな寺院で、地名「普賢寺」にも名を残している

【観音寺の歴史・経緯】



【観音寺の伽藍】

 最盛期には、13の諸堂、20ほどの僧坊が建っていたといわれ、現在は、古塔跡に数個の礎石が残っている

 <大御堂(本堂)>
 本尊の十一面観音像が祀られている

 <庫裏>
 <鐘楼>

 <「二月堂竹送り復活の地」の石標>

 <地祇神社

 <鎮守社>

 <菜の花畑>

【観音寺の寺宝】

 <木心乾漆 十一面観世音菩薩立像(国宝)>
 本尊
 木造、漆箔、像高172.2cm
 最初に木彫りで原型を造り、それに木屎(こくそ)などを厚く塗り、盛り上げて形作る木心乾漆造
 柔らかみのある顔で、衣紋の線も揺れているように見え、全体的になだらかで女性的な印象がある
 左手に花瓶を持ち蓮華を挿す
 頭上の10面は、正面3面が慈悲面、左3面が怒面、右3面に牙を見せる激励面、1面の最悪大笑面は諸困惑を笑い飛ばす意味がある
 輪光は、輪が肩から肩にかけられているように広がっている
 光背は円光
 奈良時代744年(皇紀1404)天平16年に安置されたといわれる


【観音寺の祭事】

 <竹送り>
 東大寺から入山した第一世 実忠和尚は、東大寺二月堂のお水取りの創始者
 毎年、お水取りに使う松明の竹を送り込む行事が行われている

【観音寺へのアクセス】

 JR学研都市線 三山木駅(みやまきえき) 西へ徒歩約15分
 近鉄電車 京都線 三山木駅 徒歩約20分
 三山木駅より奈良交通バス 普賢寺 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク