覚勝院(かくしょういん)(KakusyouIn)

所在地:京都市右京区嵯峨大覚寺門前登り町   地図情報

真言宗大覚寺派の別格本山

大本山大覚寺塔頭

本尊:十一面観音

通称:聖天様(しょうでんさま)

 覚勝院(かくしょういん)は、大本山大覚寺総門から大覚寺まで約400mの直線の参道の一番北にある塔頭

 11月の大根供養が有名

 安産祈願では、明治天皇ゆかりの安産祈願のお腹帯が授与される

【覚勝院の歴史・経緯】


【覚勝院の伽藍】

 <本堂(聖天堂)>
 1711年(皇紀2371)正徳元年
 徳川家宣の寄進
 大聖歓喜自在天(だいしょうかんぎじざいてん)が安置されている

【覚勝院の祭事】

 <息災護摩供>
 毎月、月末の日曜日

 <聖天様(しょうでんさま)の大根供養
 11月22・23日
 大根は心身の毒を消し去り、生命を養う力を持っているといわれ、諸々の難を逃れて福を呼び込む行事
 聖天は、酒・団子・大根が好物で、お供えの大根を炊き上げふるまったのが由来といわれる
 大根供養、護摩供養が行われ、
 供養されたお供えの大根のお下がりが授与される

【覚勝院へのアクセス】

 京都バス 大覚寺 徒歩約2分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク