常林寺(じょうりんじ)(JyourinJi)

所在地:京都市左京区田中下柳町   地図情報

浄土宗の寺院

山号:光明山
院号:摂取院

本尊:来迎阿弥陀三尊

開基:魯道(ろどう)

開山:魯道(ろどう)

砂川の三軒寺の一つ

通称:萩の寺(はぎのてら)

 常林寺(じょうりんじ)は、鴨川高野川の合流付近の出町柳、鴨川東岸にある寺院

 若狭街道沿いに隣接して立っている「砂川の三軒寺」(浄土宗正定院長徳寺・常林院)の一つ

 古くから若狭街道をを通る人々の信仰を集めていたといわれる世継子育地蔵尊が祀られている

 初秋には、紅白のの花が、境内一面に咲き「萩の寺」と称される

【常林寺の歴史・経緯】

【常林寺の伽藍】

 <本堂>
 本尊の阿弥陀三尊像が安置されている

 <地蔵堂>
 境内の北にある
 1854年(皇紀2514)嘉永7年、31世 省譽祐禅代により建立される
 世継子育地蔵尊が祀られている
 常林寺が建つ以前からこの地に祀られており、門前の若狭街道を通る人々の信仰を集めていたといわれる
 子授け、安産にご利益があるといわれ、腹帯が授与される

 <鎮守社>

【常林寺の祭事】

 <萩供養>
 9月敬老の日

【その他】

 <萩の寺>
 本堂へ向かう参道の両脇には、赤と白のが植えられており、境内いっぱいにが育成している
 境内のどこも砂地で、の生育に適しているといわれる
 毎年9月の敬老の日には、萩供養が催される

 <砂川の三軒寺>
 若狭街道沿いに隣接して立っている浄土宗正定院長徳寺・常林院の3つのお寺
 かつて鴨川高野川の合流点付近に、砂川が鴨川に合流しており、その砂の河原に囲まれていたといわれる
 の生育に砂地が適しており、3ヶ寺ともにが育成している

 <勝海舟>
 若い頃の勝海舟が、幕府の海軍伝習生として長崎や神戸に赴く時、京都での常宿にしていた
 子母沢寛の長編小説「勝海舟」にも登場する

【常林寺へのアクセス】

 京阪電車 出町柳駅 徒歩数分
 叡山電車 出町柳駅 徒歩数分
 市バス 出町柳駅前 徒歩数分
 地下鉄 今出川駅 徒歩約20分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク