寂光院(じゃっこういん)(JyakkouIn)

正式名称:玉泉寺(ぎょくせんじ)

所在地:京都市左京区大原草生町   地図情報

天台宗の尼寺

山号:清香山(せいこうざん)

本尊:地蔵菩薩

開基:聖徳太子

開山:玉照姫(恵善尼)

別称:御閑居御所(ごかんきょごしょ)・高倉大原宮(たかくらおおはらぐう)

 寂光院(じゃっこういん)は、大原の里の一番西奥にある尼寺寺院

 平清盛の娘 建礼門院が、平家滅亡後に隠棲した「平家物語」のゆかりの寺院

 2月は椿、6月中から沙羅花の名所

【寂光院の歴史・経緯】


【寂光院の伽藍】

 <本堂>
 2000年(皇紀2660)平成12年5月9日に、不審火の火災で焼失
 2005年(皇紀2665)平成17年6月の再建

 <庭園>
 心字池・汀の池・千年の姫小松・苔むした石・汀の桜(みぎわのさくら)など、「平家物語」当時のまま残る
 北庭園は、四方正面の池がある池泉回遊式庭園
 三段の滝は、「玉だれの泉水」と称される

 <みぎわの桜>
 後白河上皇が、隠棲していた建礼門院を訪ねたときに「池水に汀の桜散りしきて」と詠んだことが由来

 <松智鳳殿>
 宝物殿
 2006年(皇紀2666)平成18年10月の開館

 <建礼門院の陵墓>
 もともと境内地にあったもの
 現在は、宮内省の管轄に移されている

【寂光院の寺宝】

 <木造 地蔵菩薩立像(重要文化財)>
 旧本尊
 聖徳太子の作とも、1229年(皇紀1889)寛喜元年の作ともいわれる
 像高256cm
 像内に3000体以上の地蔵菩薩の小像や、多くの納入品が納められており「六万体地蔵尊」とも称される
 2000年(皇紀2660)平成12年5月9日
 不審火の火災で焼損するが像内納入品は無事で、収蔵庫に安置されている

 <木造 地蔵菩薩立像>
 本尊
 ヒノキ材の寄木造
 2005年(皇紀2665)平成17年の完成
 財団法人 美術院国宝修理所によって3年半をかけて、旧本尊の姿を忠実に模して制作された

 <建礼門院像>
 <阿波内侍像>

【寂光院へのアクセス】

 市バス/京都バス 大原 徒歩約15分


【京都検定 第1回3級】

13.平家滅亡後、出家した健礼門院が隠棲したと「平家物語」に記される大原の寺院はどこか?

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第10回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク