地蔵院(じぞういん)椿寺(つばきでら)(JizouIn)

所在地:京都市北区一条通西大路東入ル大将軍川端町   地図情報

浄土宗知恩院の末寺

山号:昆陽山(こやさん)

本尊:五劫思惟阿弥陀如来

開基:聖武天皇

開山:行基菩薩

通称:椿寺(つばきでら)

洛陽三十三所観音巡礼第三十番札所(十一面観音菩薩) 第三十一番札所へ

洛陽四十八地蔵願所第十二番札所

 地蔵院(じぞういん)は、北野天満宮の南にある小さなお寺

 3月下旬〜4月中旬は、「五色散り椿」の名所

【地蔵院の歴史・経緯】



【地蔵院の伽藍】

 <五色八重散椿
 書院前庭の椿
 加藤清正が、文禄の役の朝鮮出兵の際に蔚山城(うるざんじょう)から持ち帰り、豊臣秀吉に献上し、
 北野大茶会の際に、豊臣秀吉が、地蔵院に寄進したもの
 1983年(皇紀2643)昭和58年の春
 初代の樹は、に樹齢約400年にて枯死し、現在は、樹齢約100年の二世
 一木で、白色、ピンク、紅色、絞りなどに咲き分け、普通の椿は花ごと落下するが、この椿は、色とりどりの花びらが一片一片散る
 3月下旬から4月中旬が見頃

 <書院>
 <地蔵堂>
 <観音堂>

 <天野屋利兵衛の墓>
 忠臣蔵で有名な天野屋利兵衛(あまのやりへえ)は、赤穂浪士の討入りを陰で支え、
 晩年、地蔵院に隠棲し、剃髪して浪士らの冥福を祈ったといわれる
 討入りのあった12月14日には、天野屋利兵衛の木像が公開される

 <夜半亭巴人(やはんていはじん)の墓>
 江戸時代初期の俳人
 与謝野蕪村(よさのぶそん)の師 早野巴人(はやのはじん)
 辞世の句「こしらへて あるとは知らず 西の奥」が刻まれている

 <切支丹の墓>

 <豊国大明神の奉燈>

【地蔵院の寺宝】

 <五劫思惟阿弥陀如来>
 本尊
 善導大師の作といわれる
 「お多福阿弥陀」と称されている

 <地蔵菩薩>
 地蔵堂に祀られている
 元の本尊
 行基の作といわれる
 「鍬形地蔵」「木屋地蔵」とも称されている
 洛陽四十八地蔵願所の第十二番札所

 <地蔵堂の背後の板扉>
 北野神社にあった多宝塔の遺構といわれる

 <十一面観音菩薩立像>
 観音堂の中央の厨子に祀られている
 一木造丈五尺三寸
 平安時代前期
 慈覚大師 円仁の作といわれる
 脇侍に、雨宝童子と春日龍神が安置されている
 洛陽三十三所観音巡礼第三十番札所

【御詠歌】

 「かんのんへ まいるおてらを たずぬれば なにかわばたの じぞうどうとや」

【地蔵院へのアクセス】

 市バス 北野白梅町 徒歩約3分
 京福電車 北野線 北野白梅町駅 徒歩約4分
 JR山陰本線(嵯峨野線) 円町 徒歩約15分


【京都検定 第1回3級】

36.花の名所について、次のことは正しいか?
(エ)法金剛院は椿の名所である

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第13回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク