神光院(じんこういん)(JinkouIn)

所在地:京都市北区西賀茂神光院町   地図情報

真言宗の単立寺院で別格本山

山号:放光山(ほうこうざん)

本尊:弘法大師像

京都三弘法(東寺仁和寺・神光院)

ご利益:厄除・眼病祈祷、諸病封じのきうり加持

通称:瓦屋寺、西賀茂の弘法さん

 神光院(じんこういん)は、西賀茂にある弘法大師の霊場で京都三弘法の一つの寺院

 弘法大師 空海が、42才の夏に、この神光院で90日間修行し、この地を離れるときには、庶民との離別を悲しみ、
境内の池に自分の姿を写して自像を刻み、諸病災厄除を祈願したといわれる

 御所に奉納する瓦職人の宿所に使用されていたといわれ「瓦屋寺」とも称される

 冬には、白い八重の山茶花が咲く

【神光院の歴史・経緯】




【神光院の伽藍】

 <本堂>
 弘法大師 空海が刻んだ自像が、本尊として安置されている

 <茶室 蓮月庵>
 山門を入った左側の茶室
 江戸時代末期の女流歌人・陶芸家 太田垣連月尼(おおたがきれんげつに)が、
1866年(皇紀2526)慶応2年76才の秋から、1875年(皇紀2535)明治8年に死去するまでの10年間を過ごした草庵
 多くの歌が残されている

 <きゅうり塚

 <太田垣蓮月尼の歌碑

 <花の名所
 5月中旬〜6月中旬 花菖蒲(はなしょうぶ)
 8月上旬 百日紅
 12月上旬〜1月下旬 山茶花(さざんか)

【神光院の寺宝】

 <絹本著色 仏眼曼茶羅(ぶつげんまんだらず)(重要文化財)>
 <紙本墨書 悉曇略記(重要文化財)>
 <細字金光明最勝王経(重要文化財)>

 <弘法大師像>
 弘法大師 空海が、42歳のときに自ら刻んだ木像
 「厄除大師」として信仰を集めている

 <薬師如来立像>
 <愛染明王坐像>
 <不動明王
 <十一面観音立像>

 <白描絵料紙金光明経(国宝)>
 京都国立博物館で保蔵されている

 <金剛般若経開題残巻(国宝)>
 空海の筆
 京都国立博物館で保蔵されている

 <碣石調幽蘭(国宝)>
 東京国立博物館に保蔵されている

【神光院の祭事】

 <きゅうり封じ
 7月21日と土用丑の日
 弘法大師が、きゅうりに病魔を封じ込め、五智不動尊に病魔平癒を祈願したという故事にちなみ、
きゅうりによる疫病除け祈祷が行われる
 病名を記入した紙にきゅうりを包み、家に持ち帰り、身体の悪いところをなでて庭などに埋めると、
病気を封じ込めるといわれている

【神光院へのアクセス】

 市バス 神光院前 徒歩約5分


【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第13回2級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク