実光院(じっこういん)(JikkouIn)

所在地:京都市左京区大原勝林院町   地図情報

天台宗延暦寺別院、勝林院塔頭

開基:勝林院中興の祖 寂源法師

 実光院(じっこういん)は、天台声明を伝承するために開かれた、勝林院の僧院

【実光院の歴史・経緯】


【実光院の伽藍】

 <契心園(けいしんえん)>
 旧普賢院の池泉観賞式庭園と、旧理覚院の池泉回遊式庭園

 <旧普賢院庭園>
 客殿の南の律川の水を取り入れた心字池を中心にした池泉観賞式の額縁庭園
 池の手前を俗世間、向こう側が仏の浄土を表す
 江戸時代後期の作庭

 <旧理覚院庭園>
 客殿の西側に広がる池泉回遊式庭園
 金毘羅山や小塩山を借景に取り入れられている
 理覚院が実光院に併合された後、荒廃していた土地に作庭されたもの
 材木のほとんどは、実光院領の山林から調達されたもの
 1975年(皇紀2635)昭和50年
 西北隅に茶室 理覚庵(りかくあん)が設けられる

 <不断桜(ふだんざくら)>
 11月頃に満開になり、春にも再度咲く珍しいもの

 4月の石楠花、5月の杜若名所
 福寿草、カタクリ、イカリ草など茶花も多い

【実光院の寺宝】

 <声明の楽器>
 声明の研究のために収集されたもの

 <三十六詩仙画像>
 客殿の欄間
 江戸時代中期
 狩野派の画家の筆

【実光院へのアクセス】

 京都バス 大原 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク